生存確認


前回の日記で友人が音信不通と書いたが、
私も気がついたら6日間も更新を怠ってしまった。

数日間ネットが出来ない環境にいたのと、
腰を痛めて寝込んでしまったのが原因。
独り暮らしで動けないと本当に不便だ。

そろそろ日本での仕事をリタイアし比国に移住したいものだ。
しかしピーナと結婚する気など毛頭ない。
体調が悪い時だけケアギバーを雇えば良いのだから。

でも年金受給までまだまだ時間があるし、
充分な蓄えも無いので日本での生活はしばらく続く。
スポンサーサイト

お~~い、生きてるかい?


頻繁に連絡を取り合っていた相手が突然音信不通に。
体調不良と聞かされてたので寝込んでるかと思ったが、
連絡手段の一つでありフェイスブックにもログインが無い。

1週間過ぎるとさすがに心配になってきた。
心疾患や脳血管障害の重篤な病ではないか。
或いは交通事故にでも巻き込まれているのでは。

でももう少し様子を見ようとコチラからの連絡を控えるが、
2週間過ぎた時には不安と嫌な予感が湧いてくる。

こういう時って最悪の事態も想像してしまい、
本人に電話をするのが怖くなってしまうものだな。

先方の身内は誰も私の存在を知らない。
当人の携帯をチェックして交友関係を調べ、
家族から連絡が来るのではとまで想像してしまった。

2週間を数日過ぎたところで本人から連絡が入る。
過労と心労で仕事から帰宅したらダウンの状態が続き、
パソコンをいじる気力体力が一滴も残って無かったとの事。

なにはともあれ無事で良かった。
独り暮らしの私はフェイブックとこの日記が、
友人知人への生存確認の術となっている。

コールセンターに思うこと


参った参った。
腰を痛めて殆ど動けなくなってしまった。
トイレに行くのも難儀して一人暮らしの不便さを味わう。


DDIポケットの頃から使い続けていたPHS。
通話とメールのみで毎月の使用料が2千数百円程度。
最近まで持っていた機種は4年近く使っていた。

半年くらい前からバッテリーの減りが異常に早くなり、
さらに本体の一部に不具合も出てるので機種変しようとしたら、
PHSは既に新機種を作っておらず仕方なくケータイに変更。

新しく手にしたのはガラホと呼ばれている機種で、
Wi-Fiでネットに接続可能なのだが画面が小さいので、
使い勝手は悪く今まで通り通話とメールしか使っていない。


使い始めるとPHSの時に出来た機能が使えない。
取説には書かれてないしネットで調べてもわからない。
営業所に行くと管轄外でサポートに電話してくれとの事。

早速コールセンターに電話するが担当者が頭が悪いのか、
何度説明しても当方の質問を理解してもらえず、
見当違いの回答を繰り返すのみ。

いい加減疲れたので諦めてその日は電話を切る。
翌日受付開始と同時に電話したたすぐにつながり、
今度の担当者は勘が良くて適切な対応をしてもらえた。

オペレーターってのは当たりハズレが有るもんだ。
気になったのは通話にタイムラグが生じていた事。
国際電話みたいな感じだったのでもしかして海外か?

でも二人共言葉のイントネーションはネイティブ日本人だったな。
買ったばかりのモバイルPCも不具合があったので、
電話したら支那につながりオペレーターも支那人だった。

その支那人は優秀なヤツであっさりと不具合を解決した。
使えない日本人より出来の良い支那人の方が役に立つものだ。

迷惑なんだよね


取材や原稿作成の資料としてTV番組を録画保存している。
HDDレコーダーの自動録画機能を利用し、
キーワードに取材対象国等を登録してある。

その中に『グアム』があるのだが北朝鮮のミサイル騒動で、
ニュース番組が片っ端から録画されてしまい収集がつかない。
仕方なく『グアム』を一時的に削除したが次の問題発生。

茨城の女子大生殺害事件で逮捕された容疑者が、
比人だったため『フィリピン』というキーワードで、
ニュースとワイドショーが全部録画されてしまっている。

『フィリピン』と『台湾』は絶対に外せないので、
一応内容をチェックしてからせっせと録画を削除している。
まったっくもって困ったもんだ…。

テコンドーは武道にあらず


就学前の息子が落ち着きが無いと知人が悩んでいた。
ちょっと乱暴なところもあって心配だという。
情緒教育のため武道を習わせては如何かと進言。

じゃあ近所のテコンドー教室にしようかなと言う知人に、
それはむしろ逆効果になるのでやめなさいと諭す。

テコンドーは見た目の派手さを強調しているので、
習った子供はすぐに真似したがる。
知人の息子は他の子供に怪我をさせる恐れもある。

それに結果が全てで勝つために汚い手を使う事すらある。
世界選手権等で卑劣な不正がまかり通ってしまう競技だ。
礼を重んじる武道とはかけ離れていて情緒教育によろしくない。

知人の地元に知っている武術の道場があったので、
紹介したら知人は早速息子を連れて見学に行き、
師範の人柄や稽古の様子を大変に気に入って即入門。

息子さんも徐々に落ち着いてきて効果は上々との事。
やはりテコンドーをやめさせて大正解だったみたいだ。
尚、テコンドーは衰退しているそうだ、めでたしめでたし。
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR