同じ南関東でも別世界


出向先が神奈川から千葉に変わったが、
通勤車内の様子もガラリと変わった。

混雑した車内でよろけたオバサンが、
「ごめんなさいね、掴まるところが無くってねぇ」
と明るい口調で詫びると廻りの人が安全な場所に誘導。

千葉はラッシュ時でもどこかほのぼのとしているが、
神奈川ではいつもギスギスした雰囲気を感じていた。

小娘も神奈川は垢抜けして見えるが、
自惚れてるのかツンツンした印象を受ける。
対して千葉の小娘はどこか愛嬌を感じる。

早朝に家を出て長時間の通勤は辛いものだが、
千葉に行くときはちょっとだけ気が楽になる。
スポンサーサイト

自然の流れ


以前もここで書いたが日本の芸能界では、、
高橋メアリージュンを筆頭にフィリピン人ハーフが急増中。

日比夫婦がかなり存在するわけだし、
歌と芸事に長けた血を引く子供たちが芸能界に進むことは、
至極自然の流れと言って良いのでは。

そうしたら"ニッポン小娘48"もジャピーナが多いと、
小桑田さんからこんな情報を頂いた。
秋元才加、「アメリカのハーフとは違う」コンプレックスを告白

内容を読めばすぐに気がつくが、
秋元本人は「(日比混血だからと)差別された」とは一言も語ってない。
このスレッド主には思い込みから来る偏見を強く感じる。

ところで「ハーフ(半分)ではない、ダブルと呼んでくれ」との主張が、
一時期局所的に盛り上がりかけたが立ち消えになってしまった。
等の本人たちはハーフと呼ばれる事を気にしてなかったって事かな?

面白いことを思いついた


日本で公共の場での朝鮮文字使用を禁止にしてみ。
すぐに南朝鮮が反応して日本語禁止にするから。

でも日本で朝鮮文字を掲げてるのは商売してる朝鮮人。
南朝鮮で日本語掲示してるのも日本人の金目当ての朝鮮人。

南朝鮮側が一方的に損するだけだから、
試しにやってみる価値、あるんじゃない!?

自衛隊観閲式に寄せて


今まで10カ国以上を訪れたが、
その総ての国で軍人は尊敬され優遇されている。

街中で軍服もしくは戦闘服姿を当たり前のように見かけ、
彼らは公共交通機関や映画館等を割引料金で利用できる。

また国旗・国歌は国民の拠り所、国家の魂として認識され、
映画館で上映前に国歌が流れ観客が皆即座に起立する国も少なくない。
フィリピンでは国歌を歌えないと小学校で進級出来ない。

翻ってこの日本はどうだ!?
国を護ってるはずの自衛隊員が外出する時は素性を隠し、
制服姿の防衛大生に「税金泥棒!」と暴言を吐く輩まで存在する。

「君のお父さんは人殺しを仕事にしている」と、
無抵抗の立場の自衛官の子息に言葉の暴力を浴びせる教師が、
税金から給料を得てるという信じがたい惨事まで起きている。

本日は自衛隊の観閲式。
朝霞周辺は風もなく穏やかな快晴。
これからの日本を象徴する1日になってほしい。

言ったとおりのろくでなしだろ!?


ジャッキー・チェンは支那共産党の犬。
善人面してるが二枚舌のろくでもない奴だと、
この場を使い何度も訴えてきた。

そのファッキン・チェンが本性を露呈し始めた。
ジャッキー・チェン再び大失態!「地震と津波は世界を救う」

ヤツは日本に対する支那共産党の言いがかりも肯定しており、
尖閣諸島問題ではかなり強行な発言をしていると聞く。
でも一番の問題はこれらの事実が日本ではほとんど報道されて無い事。

先日の産経新聞による『従軍慰安婦の大嘘』告発も、
他の新聞やTVではほとんど黙殺状態だ。
産経以外の新聞と、地上波放送はもう要らないんじゃない!?

南朝鮮のタレントの様に日本に出稼ぎに来てるくせに、
自国に帰った途端に日本の悪口を言っている不良芸能人共は、
日本のTV・ラジオ出演やCD・DVDの販売やレンタルも禁止。

その第一号としてファッキン・チェンを指定すべきでは!?

似たもの同士?


鉄道関係の写真集やDVDが膨大な数販売され、
ネット上にも画像や動画が溢れているのに、
自分で撮らなきゃ気が済まない鉄道ヲタク達。

時には社会ルールを無視し他人の迷惑も顧みない。

盗撮モノのビデオはセルもレンタルも容易に入手でき、
ネット上でも盗撮映像を無料で目にすることが出来る。
なのに自分で撮りたがる変態共が後を絶たない。

この2種類の困った生き物達は同族なのだろうか!?

雨の新宿


新宿に出かけ、少し時間があったので雨の中を歩く。

新大久保駅で降りたら天候の影響もあるだろうが、
日曜だというのに朝鮮タレントに狂っている、
頭の足りない女達の姿が激減していた。

裏通りの朝鮮グッズ屋はどこも閑古鳥。
仮初のブームにすら間に合わなかった新規参入店など、
まだ真新しい内装の設備投資分も回収できないのでは!?

これから夜逃げする店が増えそうな予感大。


そのまま歌舞伎町まで抜けたが、
わずか数ヶ月の間にテナントの入れ替えが激しくて、
入ろうと思ってた店が無くなってて唖然とさせられた。

風俗街に足を踏み入れたら、
裏DVD屋の客引き達がやたらと声をかけてくる。
興味も時間も無かったのでスルー。


それにしても寒い1日だった。
これからますます日照時間が短くなり気温も下がる。
そろそろ南方に避寒したいが、そのためには資金も要る。

まだしばらくはコツコツと稼いで、
目前まで迫った寒くて辛い冬に備えなくては。

怪しすぎる広告チラシ


マンション暮らしをしていると、
集合ポストや新聞受けに毎日広告が突っ込まれる。
そんな中で特に迷惑なのがドアノブに引っかけるタイプのチラシ。

出前系の宣伝が多いのだが、
そんなのがいつまでもドアにぶら下がっていたら、
その部屋が長期で留守にしてることが丸分かりじゃないか。

そしてふと気が付いた。
その手のチラシを配ってるのは支那人が多い。
これは怪しい…。

もしかして窃盗団の仲間に留守宅を教えるために、
確信犯でやってるのではと疑ってしまう。
条例で禁止させる手はないのだろうか…。

追軍売春婦のおさらい


朝鮮人の売春婦達は朝鮮人の女衒に搾取され、
劣悪な環境で重労働を強いられていた。

そこで日本政府が救済策として公娼制度を設け、
朝鮮人売春婦達が日本兵相手に荒稼ぎ。
一兵卒が月給2円の時代に月80円も得ていたとか。


時は流れ現代。
南朝鮮では2004年に飾り窓が閉鎖され、
大量の売春難民が日本へと押し寄せた。

彼女らは観光ビザで滞在できる3ヶ月間で荒稼ぎ。
壱千万円(ウォンじゃないよ)の貯蓄が目標とされている。

この売春成金達も20年後30年後に、
「私達は日本人に無理矢理連れ去られ売春を強制された!」
と大騒ぎする可能性が非常に高いんじゃないの?

『歴史は繰り返される』からねぇ。
だから今すぐにでも南朝鮮人へのビザ免除を廃止すべき。

意趣返しで南朝鮮も日本人へのビザ免除を廃止するだろうが、
そうなると一番のお得意様である日本人観光客が来なくなり、
南朝鮮が一方的にダメージを受けるだけ。

そして日本は犯罪者が減って一石二鳥だぜぃ!

今朝の産経新聞は買い!


さすがだ!産経新聞。
やってくれたよ今朝の一面。

元慰安婦報告書 ずさん調査
―氏名含め証言曖昧 河野談話根拠崩れる―


南朝鮮の反応が楽しみだ。
ヒステリックに喚けば喚くほど追軍売春婦の矛盾が際立ち、
南朝鮮の嘘つき共が自分で自分の頸を締める事になるぞ。

この動画も素晴らしい。
英語の歌詞なので世界中に拡散しましょう。
皆さん、ご協力をよろしくお願いします。

『韓国人慰安婦の歌』


たまには国内旅行も良いかな


国内でどこかのんびり出来るところは無いかな。
そんな事を考えつつTVを観てたら新島が映されていた。

海は近いし温泉もある。
これは1週間くらい滞在するのに良いかも。

そう思ってネットで調べてみたらフェリーが往復で2万円程度。
さらに宿泊施設もさほど安くないことが判明。
う~ん、この予算なら台湾に行けてしまうかもなぁ。


新島と言えば"SEXアイランド"として名を馳せた時代がある。
その実態が週刊誌で紹介された途端に島民が猛反発。

TVカメラに向かって激しく憤る民宿の女主人を見て、
「でもナンパ目的の若者が集まってきて儲かったのも事実だろ」と、
ワイドショーを冷めた目で眺めていた記憶がある。


数社のLCCが日本からの台北便に参入するみたいだし、
国内旅行の感覚で台湾に行けてしまう時代になった。
その一方でソウル行き航空券の値崩れも歯止めが利かない。

サーフィンの聖地として根強い人気があるみたいだが、
新島も観光地として生き残るには厳しい状況なんだろうな。

機会が有ったら一度訪れてみたい気もするので、
今後も新島をちょっと気にしてみたいと思ってます。

もう一生行かないかも


成田空港から北西の方向に五百数十マイル離れた場所の、
支那大陸の盲腸の様な半島にソウルという都市がある。

以前はとあるアルバイトでちょこちょこと訪れた場所だが、
「仕事じゃなきゃ絶対に行かない!」と思うほど不愉快な土地だ。

そのバイトも数年前に事実上無くなったのだが、
仁川というコチュジャン臭が充満するソウルの空港に、
或る事情で年に一回、義務の如く出かけていた。

しかし、その『仁川空港折り返しソウル日帰り旅』も、
ちょうど1年前を最後に、もう出番は無くなりそうだ。

正直な気持ち、ちょっとホッとしている。
朝鮮語を耳にしただけで気分が悪くなるのに、
さらに仁川空港は傍若無人の見本市で腹立つことばかり。

成田に戻っても安心できない。
南朝鮮から日本に乗り込んで来て成田空港を土足で踏み荒らす、
マナーが悪すぎる朝鮮人共を何度も怒鳴った事がある。

朱に交わればなのか、あるいは朝鮮ドラマが脳を退化させるのか。
ロッテや新羅免税店の袋を持った日本人のオバサン共も、
通路を塞いで話に夢中になっていたりと朝鮮化されてて大迷惑。

もしかしたら、もうソウルに行くことは無いかも知れない。
切れてもちっとも残念でない“縁”てのも有るんだねぇ。

何か書かなきゃ


気が付いたら1週間以上日記の更新を怠っていた。

書くネタが無かったワケじゃない。
むしろ書きたいと思ってた事が幾つかあった。
だけど、どうにもキーボードを叩く手が進まなかった。


例の事件の被害者の流出写真について思ったこと。
ネットにUPした上に拡散したのが事件の容疑者で、
しかも逃走中にヤラかしたらしいと伝わっている。

被害者にとっては命を奪われた後になっても汚され、
男を見る目が無かったの一言で片付けては身も蓋も無いだろう。

全くの憶測だが好きだという気持ちでポ~ッとなり、
容疑者の言いなりになってあんな写真を撮ってしまったのかな。
そのあまりに軽率な行為が文字通り命取りになるとは。

今回の事件の様な凶悪で最悪の結末は稀だが、
一時の感情の高ぶりに任せ写真やビデオを撮らせてしまい、
後で大事に発展するケースは少なくない。

軽い気持ちで撮られた映像は「もう消せない」という点で、
安易に彫ってしまった入れ墨ととても似ている気がする。
後悔しても取り返しが付かないという事も共通している。

事件の被害者は女優を目指していたそうだが、
だったら尚更のこと、あんな写真を自ら撮るなんてなぁ…。


加害者は間違いなく有罪で刑務所行きだが、
性犯罪でぶち込まれた奴らは徹底的に苛められるそうだ。

今回の事件は世間のインパクトが強すぎるので、
ムショの中で暇を持て余した囚人達が、
この犯人が自分たちの檻に放り込まれるのを待ってるだろうな。

外見もかなり目立つので誤魔化しようが無いし、
生きながら本当の地獄に堕ちることだろう。


明日からもっとまともな文章を書きますので、
今回はこの程度でご勘弁を。

生きてきた証


タガログポップス評論家のIさんと久々に会食する。

フィリピンの話題で2時間ほど話し込んだが、
Iさんはもうずいぶん長いこと現地に出かけていないと言う。
その理由は「行くと必ず不愉快な思いをするようになった」。

ここ数年でフィリピン人のモラルが下がり、
特にマニラでマナーの低下が顕著だと私とIさん共通の意見。
中産階級の増加がその原因ではと二人で話し合う。


Iさんが通い始めた頃のフィリピンは今より全然不便だったが、
現地の人々が面白可笑しく暮らしていて楽しかったと言う。
まさに何でも有りの国で、ちょっとしたトラブルも笑って許せたとも。

その頃のフィリピンは大多数の貧乏人と極一部の金持ちで成り立ち、
Iさんが接していた現地人はみんなが貧乏。
それゆえに市井には譲り合いや助け合いが溢れていた。

ところがここ数年でフィリピンにも小金持ちが増え、
彼らの適度に裕福な暮らしを目にしてみんな欲が深くなり、
「誰も彼もが金、金、金だよ」と、Iさんは溜め息混じりで語った。

そのIさんだが実は台湾は未到達で、
私の話を聞いて非常に興味を示していた。
機会が有ったら是非ともIさんを台湾に案内したい。


会食もお開きに近づいた頃、Iさんから唐突に問いかけられた。
「今まで雑誌や新聞に掲載された記事って手元にあるの?」

ほぼ総て保管してあるし、原稿も残してあると答えると、
「だったらさぁ、それをネット上で公開したら!?」。

Iさん自身も今まで世に出したタガログポップスの評論を、
自分のサイトを作って順次UPしていこうと計画中だとか。

「自分がこんな仕事をしてきたって証を残したいんだよね」
別れしなIさんから投げ掛けられた一言が、妙に耳に残っている。

嘘つき共には売春合法化で立ち向かえ


「あのコ、ヤリマンだからさぁ…」

気に入らない女を陥れるために流す、
悪意の隠った根も葉もない噂の定番。

人はSEXスキャンダルが大好物な生き物。
この姑息な噂話は尾ひれが付いてたちまち広がる。
その様が朝鮮による『従軍慰安婦』捏造と非常に似ている。


そもそも"売春=悪、恥ずべき事"と決めるつける風潮が、
卑劣な奴らの陰謀に悪用されてしまうんだ。

売春はサービス業であり技術職。
一つの職業として認識し、職業に貴賎なしと尊重すべし。

日本も香港に見習って個人営業に限り売春を合法とし、
身体を張って生きている女の人たちの生活と安全を保障し、
『追軍売春婦』共の大嘘を大上段からぶった切ってやれ。
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR