台湾滞在中の話4


台湾では礁渓温泉に滞在しバスで台北に通っていたが、
2つのバス会社を目的地別に使い分けていた。

台北駅を目指すときは葛瑪蘭(カマラン)客運。
台北駅前のバスターミナルが終点で片道104元の全席指定。

もう一つの首都客運は市政府駅のターミナルが終点で、
片道90元と安いが自由席なので先着順で満席だと乗れない。
その代わり台湾のSUICA、悠遊カードが使えるのが便利。

市政府のターミナルには阪急デパートが隣接していて、
一度だけ立ち寄ってみたが店内は完全に日本という雰囲気。
特に食堂街には日本の有名店が軒並み進出している。

『らーめん花月』『つけ麺の三田製麺所』『定食の大戸屋』etc。
どの店も300元前後が目安で台湾の外食相場よりかなり高い。
しかしオシャレな店と受け止められデートスポット等の需要が高い。


市政府駅は高速を降りてすぐなので礁渓から40分で行ける。
整体院は市政府駅から近いので毎日通うのは楽であった。

その治療院では4人の整体師が所属しているが、
患者がいないと治療用のベッドの上で寝ている。
どの整体師も夜寝てないのか?と思えるほどよく寝ている。


台北から礁渓に戻るバスは午前2時台まで走っている。
なので台北で時間を気にせずに遅くまで呑めるのだが、
バスの中で寝てしまわないように注意しなくてはならない。

何しろ寝過ごしてしまったら次の停留所は宜蘭。
宜蘭も通過してしまうと終点の羅東まで行く羽目になる。

困ったことに宜蘭も羅東もバスは礁渓には寄らず、
台北まで直行なので礁渓に戻るには本数が少ない電車しか無い。
なので礁渓へ帰るバスではいつもカッと目を見開いて乗っていた。


日本への帰国便は松山空港発の羽田行き最終便。
16時までにチェックインすれば良いので最終日も余裕。
昼まで何度も温泉に浸かりながら宿でのんびり過ごす。

整体院で最後の治療を受け地下鉄にて松山空港に向かうが、
チェックイン開始までまだ余裕があった。

後半は雨と寒さに祟られた今回の台湾旅だったが、
温泉と整体でどん底だった体調は快方へと向かう。
さらにお寺でのお祓いもジワジワと効いてくることだろう。

というわけでして、台湾報告はこれにて完結します。
ご精読、ありがとうございました。
スポンサーサイト

台湾滞在中の話3


やっと冬季五輪が終わってくれた。
これで落ち着いてテレビが観られる。


たぶんチェーン店なのだろう。
台湾の街中で『10元寿司』の屋台を見かける。

小ぶりのシャリにスモークサーモン等の、
水産加工品が乗っていてちょっとオードブルっぽい。
礁渓にも1軒あって部屋飲みの肴によく買って帰る。

経営者は20代前半の、なかなか男前の兄ちゃんで、
私が屋台の前を通るといつも元気よく手を降ってくれる。

顔立ちが似てるのでおそらく兄ちゃんの妹だと思うが、
すっごく綺麗な小姐が時々店を手伝っている。
日本に連れて行ったら即アイドルになれるくらい可愛い。


私が始めて台湾に行ったのは1996年の春。
その頃は台北で見かける小姐は地味で素朴なコが多かったが、
21世紀に入って彼女たちは急速に垢抜けしてきた。

元々の素材が良かったのだろう。
ちょっと化粧を覚えただけで目を見張る程の美形になる。
ただし最近はやり過ぎなほど盛るのが流行っているが…。

でもどこかの半島の様に安易に整形するより全然良い。
『台湾では若い女性に整形が大流行』と大嘘を流したTV局がある。

美容整形の看板を2~3映し、
さらにたった一人の整形経験者にインタビューしただけで、
キムチ臭い半島並みの整形大国との情報操作をしていた。

その番組は他にもヤラセと捏造で溢れていたが、
そんな事までして支那のご機嫌取りして楽しいのかね。
大雪の被害状況より五輪を優先する奴らだしなぁ…。


花粉が飛び始めたのだろう。
微熱が出て怠い。

台湾報告はまだ続けるつもり。

台湾滞在中の話2


台湾滞在中に台北で漫画博覧会が開催されていて、
連日大勢の客が押し寄せ会場内は大混雑。
グッズも即完売とニュースで取り上げられていた。

ふなっしーが来るというので見に行こうとしたが、
最寄り駅で凄まじい人数が降りていったのでやめた。
ふなっしーの訪台は日本でも話題になったのだろうか。


いつも情報をもらう台北のポン引きに会いに行くと、
春節に入って日本人客が一気に減ったと嘆いていた。

台湾人が日本観光に出かけるため飛行機代が高騰。
台湾国内も香港や支那からの旅行客で溢れるため、
台北のホテルの部屋が取りづらくなってるのだろう。

その結果日本からのパックツアー客が激減したのだと思う。
ご参考までに現役の女子大生がショートで3500元とのこと。


体調不良改善のための訪台なので健康祈願のお参りに行く。
行天宮では昼過ぎから無料でお祓いをしてもらえる。
春節休みのせいかかなり長蛇の列ができていた。

係の人が「詰めろ詰めろ」と行列の整理に来て、
すぐ前の若い小姐の背中ギリギリまで接近させられたのだが、
この小姐の体臭に私の本能がググググっと反応してしまった。

体臭の相性はDNAレベルでお互いを求めているという。
これは運命の出会いか、などと妄想に耽っていたら順番が来た。
一心不乱に健康回復を祈り、社務所に寄付金を納入して終了。


西門町にご利益の強いお寺がある。
昔、人生の大ピンチに直面していた時に、
たまたま前を通り何気なくお参りした。

そして帰国したら全ての問題が解決していた。
以来台北に行く度に必ず参拝に訪れ、
毎年最初の訪問時にまとまったお布施を収めている。

今回も事務所に行くとパソコンが導入されていて、
私の名前を入力すると過去のデータが記録されていた。
それを見て担当者があっ!と言う顔をして画面を指をさした。

なんと今年、私は大厄に入っているそうな。
厄祓いのためにも私の名前を記した奉納品が必要だと言う。
結構な金額だったが即決の即払い。

これで昨年末から続いていた体調不良が、
スッキリと解決すれば安いものだしありがたい。
そして翌日から何だか身体が軽くなった気もしている。


台湾の話はもうちょっと続く、予定。

体調の事 アンヘレスの事


昨日はいつもよりさらに体調が芳しくなかったので、
近所の町医者にて診察を受けたら血圧が150超え。
こりゃ洒落にならんと薬を出してもらい自宅療養。

幸い今朝になって症状は改善された。
台湾滞在中は体調も安定して小康状態だったのだが、
帰国した途端に寒さのせいかまた不安定になっている。

春よ来い
早く来い
でも花粉は連れて来るな。


帰国して既に1ヶ月経ったが先月のフィリピンの事に触れたい。

アンヘレスで最も賑やかな通り沿いの、
ゴーゴーバーの大部分が朝鮮人に買収されてしまった。
さらに通りに面したレストランも次々に朝鮮飯屋に代替え。

当然ながら通りの至る場所に朝鮮文字が溢れ、
店の中から通りに漏れてくる音楽は朝鮮ポップ。
日が暮れると歩いているのは朝鮮人とマレーシア人ばかり。

馴染みの場末のバーでいつも顔を合わせる豪州人。
その通りの事を苦々しい口調で『キムチストリート』と呼んでいた。
さらにあの一帯を『コリアンへレス』とも言うらしい。

そのコリアンへレスでは南朝鮮人がちょこちょこ殺されている。
朝鮮人殺し自体は数年前から始まった事なので珍しく無いが、
最近になって殺人事件発生の状況に大きな変化が起きている。

今までは自宅やホテル近くで待ち伏せするか、
もしくは相手の部屋や職場に乗り込んで殺していた。
ところが路上のターゲットをバイクから撃つというケースが発生。

二人乗りのバイクで後ろに乗った者が実行犯という、
プロの犯行としてフィリピンでは良く知られている犯罪。
この手口で朝鮮人が狙われたって事は我々日本人も無関係でいられない。

歩行中の標的にバイクで近寄るんだから人違いだってあり得る。
フィリピン人から見て日本人と朝鮮人は見分けが付きにくいし、
ましてや恨みを持つ本人ではなく他人に頼むのだから尚更だ。

これからアンヘレスを歩くときは前と後ろの両方に、
Hindi Koreano ako(私は朝鮮人じゃない)』と大きく書かれたTシャツを、
常に着用してないととばっちりで撃たれちゃうかもな。

TV局は頭の悪い奴らの集まりか!?


もううんざりだ。
TVをつければ冬季五輪ばかり。

特に朝の情報番組と夕方のニュースは、
放送時間の大部分を五輪に割いてると思えてしまう。

どのチャンネルに替えても五輪、五輪。
なんで横並びで同じ内容なのか理解に苦しむよ。

他でやってるんだから自分とこは別の報道をする。
そんな骨のある放送局があっても良さそうだけど、
頭の悪い奴らが雁首揃えて番組を作ってるんだろうな。

私のように五輪に全く感心がない視聴者だって、
少なくないって事が全然わかってないんだろうな。
それでいて結構な高給取りなのが癪に障るよ。

早く冬季五輪が終わってくれってんだよ、
こんちくしょうがっ!!

台湾滞在中の話1


台湾での出来事をネタがまだ温かいうちに書き綴りたい。

台北・松山空港に着いてまずは両替。
自宅にあった支那元と南朝鮮ウォンをこの機会に処分。
円高の時に手にした分なので少し得をした。

ソウルに行くバイトは無くなったし、
支那の風俗記事は掲載が難しいため取材しても無駄。

支那も南朝鮮ももう行くことは無いので、
使うことの無くなった通貨を精算してせいせいした。
両替した台湾元で美味いものを喰って厄落としだ。


礁渓に向かうバスの車内はWifiが無料でつながる。
台湾では至る場所でネットが出来るようになっている。
そのため日本と同じくスマホをいじりながら歩いてる人が多い。

電車やバスの中で子供が騒いでいても、
全く知らんぷりの馬鹿親を見かける機会が増えた。
都会に限った現象かも知れないが公共マナーの低下が気にかかる。


礁渓に1週間連泊し、毎日バスで台北に通っていたが、
一番前の席に座る機会が多く運転手目線で前方を見ていると、
台北市内の車やバイクがいかに無茶をするかを思い知る。

無理な車線変更に強引な割り込みが頻発。
その都度バスは急ブレーキをかけるが運転手も慣れた様子。
逆にバスは慎重な運転で信号が黄色だと無理して渡らない。

車載カメラでずっとビデオ記録されているので、
事故の時には証拠が残ってしまうので安全運転なのだろう。
一時期バスの事故が多発したので会社も神経を使ってるな。

脇道からバスの直前に強引に割り込んでおきながら、
ノロノロ運転をする乗用車には一番腹が立った。
何故か高級車ばかりなのだが理由はわからない。


こんな感じであと数回書く予定。
退屈でしょうがしばしお付き合い願います。

どこの国の電車?誰のご機嫌取ってるの!?


ニュースや情報番組は冬季五輪一色。
どのチャンネルにしても五輪の時はうんざりする。

台湾も寒かったが湿度が高いため凍てつくほどではない。
その代わり電車やバスが除湿のエアコンで寒い。
それでも定宿に戻ればいつでも暖かい温泉に入れる。

大きな湯船にたぷりと湯を張って、
24時間好きな時間に入れるのは良いものだ。
帰国してからもついつい風呂に入りたくなってしまう。


今回は羽田空港利用なので京急で向かうことにしたが、
JRとの連絡口で悪名高い電光掲示板が目に入る。
日本の電鉄会社なのに朝鮮文字優先で不愉快極まりない。

朝鮮人相手でも漢字とローマ字で不都合ないだろ。
逆に急いでいる乗客が乗るはずの電車がわからずに、
商談に遅れたり等の実害が頻発してるという。

台北の地下鉄には行き先表示に朝鮮文字など無い。
その代わり車内では必ず英語でアナウンスされている。


行き先表記は日本語とローマ字のみで充分だが、
注意事項や警告は朝鮮語と支那語が絶対に必要だろう。

―行列を守れ 横入りするな!
―降りる客を待ってから乗れ!
―車内で騒ぐな痰を吐くな!

―キセルや無賃乗車をするな!
―通路や階段でかたまって通行の邪魔をするな!
―そもそもお前ら日本に来るな!!

以上を朝鮮語と支那語に訳して、
構内と車内の至る場所に掲示すべきだ。

南朝鮮に国際大会出場資格なし!


くそちょん1
ばかちょん
またやりやがった。
南朝鮮人民にモラルは無いと証明された。

サッカーの試合での大醜態を全く学習せず、
今度はスピードスケートのチンピラ野郎がこの蛮行。

朝鮮を出国する時にこの悪巧みは知れてるわけだし、
周りが止めるどころか煽っていたことは想像に難くない。

マナーやルールやモラルを理解できない民族に、
スポーツの祭典に参加する資格はない。
南朝鮮で開催予定の次期冬季五輪も中止させるべきだな。

日本に戻って感じること


羽田空港に着いてから帰宅までつくづく思った。
建物や電車内でもれなく暖房が効いているため、
真冬は台湾より日本の方が暖かいのではないかと。

最寄り駅から自宅に戻るまでの間に、
路上にかなりの行きがまだ残っていた。
大雪はかなり凄かったのであろうな。

TVはやたら冬季五輪が流れていて、
朝の情報番組は冬季五輪一色。
他に優先して報道する事はあるだろうが。

政治的な悪巧みはこういう隙を狙って実行されるんだぞ。

麗しの島での湯治生活


この日記で何度も触れた様に昨年から体調不良が続いている。
これ以上不調が長引いてはまずいと急遽台湾に飛んでいた。
訪台の一週間前に決めたのでチケットが高かったが仕方ない。

温暖な気候で美味しいものを食べ人の暖かさに触れていれば、
免疫力も向上し快方に向かうのではと期待を抱いての渡航。
最悪、旅先で客死しても台湾で絶命なら本望だとの覚悟を持って。


1日目2日目は日中はTシャツ1枚でも汗ばむ陽気であったが、
3日目から突然の寒波が台湾全土を覆ってしまい一気に気温が低下。
さらに追い打ちを掛けるように雨風も強く体感温度はさらに低い。

しかも高雄や台南といった南部も台湾人が驚くほど冷え込み、
高い山では雪がふり、低地では霜が降りてニュースになる始末。

東京の大雪騒動から運良く逃れたとほくそ笑んでいたが、
避寒のつもりで逃げ込んできた台湾で寒さは余計に身にしみる。
そんな状況なので無理な移動はやめて一か所に連泊を決める。


滞在先は台湾で最も好きな土地である宜蘭県の礁渓。
台北からバスで1時間弱の温泉地で最近台湾での人気急上昇。
春節が終わったと言うのに殆どの宿が満室と言う状態だった。

台北在住の知人を通じて事前に予約を入れておいたお陰で、
定宿のお気に入りの部屋を無事確保することが出来た。
台北の整体に通う以外は1日中湯治という生活が開始された。

部屋に風呂場にも温泉が引かれていて、
バスタブにチョロチョロと源泉を流しっぱなしにし、
24時間いつでも入れるという贅沢。

台湾の安ホテルは暖房など無いのが常識なので、
部屋にいて肌寒いと感じたら湯に浸かる事を繰り返し、
夜中に目が覚めても一風呂浴びていた。


そんな日々を送っていたので特に変化は無かったが、
滞在中の出来事を順に書いていこうと思っています。

そういえば帰国直前の夜中に台湾北部で地震があった。
直下型の縦揺れで震源地では震度4を記録していた。
大きな地震の前兆で無ければ良いがと切に願う。

南朝鮮国民病 反日神経症


もはや治療法無し!
南朝鮮人民が国をあげて発病してる反日神経症。

SBSってTV局の冬季五輪の開会式中継で、
日本選手団入場時のアナウンスが笑っちゃうほど酷すぎ。

―世界的な経済大国
―周辺国との外交摩擦深化
―アジア唯一の冬季オリンピック2回開催国

北京五輪で平和の祭典としての近代五輪は死んだけど、
それでも歪んだプロパガンダに利用する国って他にある!?
あ、有った! 北朝鮮…(苦笑)。

もし他にも存在したとしても、
その国の国民から批判が出るんじゃないかな!?

日本の悪口言ってりゃ国民が喜んで視聴率もあがる、
新聞だって売上が伸びるって民度の低さの証明だよな。

日本としては極力関係を断つのが最善策だな。
狂犬病の犬には近づかないってのと同じ理屈で。


ところでこの場でも何度かお伝えした、
新大久保の朝鮮タウンで客が激減って現状をTBSが取り上げた。

韓流ショップ店員「昔の売り上げと比べると10分の1」

まだ客がいるってことに驚いたけどね。
しかも『南朝鮮に親しみを感じてる』という痛い人もいるんだねぇ、
南朝鮮は人民一丸となって日本に敵対心剥き出しなのに。

「日本人は汚れた民族」発言でお馴染みのぺ・ヨン公が、
冬のなんたらで演じた役と現実のヨン公の区別が付かない、
脳みそがコチュジャン化した朝鮮菌の感染者達だろうな。

この報道は朝鮮援護の内容だったそうだが、
さすが媚朝鮮で名高いTBSである。
BSTBSでは今でも連日朝鮮ドラマの垂れ流しが続いている。

もしかしてTBSは南朝鮮のSBSとは兄弟同然の関係なのかな?

※SBSは日本テレビと提携だそうで。
 そういえば『世界まるみえ』でやたら南朝鮮の番組が出てくる。

日記再開


ちょっとのつもりの静養が長引いてしまった。
とにかく無理をしないように心がけてるので、
気分が回復するまでここの更新も控えていた。

本日からリハビリモードで書き綴りたい。


気になる事は山ほど起きている。

追軍売春婦の歴史捏造に対し弱気の日本政府。
肩入れをする日本の腐れ政治家やマスゴミ共。
そして図に乗りすぎの南朝鮮。

ここまで酷い状況に追い込まれてるのに、
目立った反撃をしない日本政府は完全にナメられ、
日本海を"東海"と汚そうとする悪巧みが再燃。

奴らは日本にまで乗り込んできてやりたい放題。
『平和公園に建立予定の韓国人追悼碑の件』

あろうことか靖国神社への襲撃まで企てている。
『二・八独立宣言から95年』

本日正午、日本人の魂を暴漢民族から護るため、
有志が靖国神社に集結する。

残念ながら諸事情で私は参加できないが、
ニコニコ生放送で見守ろうと思っている。


つくづく思うが奴らは全くもって話し合いの出来ない連中だ。
金と暴力で何でも思い通りにしようとする野蛮人だ。
そして情けない事に金で転ぶ日本人も多すぎる。

その代表格がフジテレビに代表される在京テレビ局。
そして支那・朝鮮のいいなりになり、
日本人から金を掻き集めて反日放送を繰り返すNHK。

そのHNKがまたまたまたまたヤラかした。
『浅田真央サイドが配慮なき「NHKドーピング番組」に抗議』

荒川静香の日の丸ウィニングランを意図的に放送からカットしたり、
日本人が国際舞台で活躍することがよっぽど気に食わないんだな。

ここまで書いたらまた熱が出てしまった。
しばし休憩いたします。
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR