台湾に行っていた⑦


台湾最終日は帰国便が夕方に出発で、
しかも松山空港なので時間に充分な余裕がある。
でもどの国に行っても帰国直前は静かに過ごす。

今回の旅は珍しくキャスターバッグを使用。
台北在住者に日本からの届け物が有ったためで、
せっかくなのでカバンいっぱいに買い物をした。

缶詰・瓶詰やインスタント食品の詰まった重い鞄を引き、
昼過ぎに台北の雑誌社にお邪魔してしばし談笑をする。
そして早めに空港に移動しチェックインまで待機。

松山空港は狭いが使い勝手が良くWifiも無料。
両替所や携帯のSIM販売・課金も簡単で便利。
台湾出入国以外にも滞在中の利用価値は高い。


台湾を訪れる前まで不良だった体調も、
礁渓温泉での湯治で少しずつ改善、のはずだった。
しかし帰国日になった途端にまた調子が悪くなる。

心も身体も帰国を拒んでいるのだろう。
しかし喰うため生きるため、そしてまた台湾に来るため、
日本に戻ってコツコツと働かねばならぬ。


台湾にいる間は概ねリラックスして過ごせた。
(台北の地下鉄車内で朝鮮語を耳にした時以外は)
良い気分のまま定時より少し遅れて便は着陸。

羽田空港は帰国便の集中時間で混雑していて、
荷物がなかなか出て来ず税関でも待たされる。
帰りの車内でもマナーの悪い奴が多すぎ。

自宅までの歩道も歩き煙草や並列自転車等、
不愉快な事が続いて帰国した途端にイライラ病が再発。

次回台湾は来年の年明けの予定だが、
禁断症状が出たらフラリと台湾に戻ってしまうかも。
往復2万円前後とは『現実逃避』も手軽で安くなったもんだ。
スポンサーサイト

TVを観てて 2題


台湾の美術展で子供が絵画に穴を開けた事故。
そもそも飲み物を持って鑑賞するのがおかしいだろ。

会場で禁止していなかったのか?
親は注意しなかったのか!?


ケーブルTVのローカル局にチャンネル合わせたら、
浅草サンバカーニバルを中継していたが盛り上がってない。

天候が良くないせいもあって観客も少ないが、
一番の原因は参加者達のノリの悪さ。
照れながら行進するなら出場しない方が良い。

カーニバルの主役なんだから天気が悪かろうが、
観客の集まりやノリがいまいちであろうと、
自分達が馬鹿になって騒がないでどうする。

見てるこっちが恥ずかしくなったのでTVを消した。

公私の区別が付かない民族


国連で事務総長やってる朝鮮人が、
ご機嫌伺いのために支那の反日行事に出席。
公という概念が欠落してる奴らなので驚くに値せず。

K-1のソウル大会にてラウンドガールの朝鮮女達が、
朝鮮人選手が勝つとリングサイドで大はしゃぎ。
中立の立場なので絶対にやっちゃいけない事なのに。

まぁラウンドガールの場合は露骨に応援しなきゃ、
後で激しく批判された上に置屋に売り飛ばされたかも。
国際的には非常にみっともない事なんだけどね。


ソウルの日本大使館で自衛隊の式典が開かれた時、
デモ隊が大使館前で暴動を起こしてると言うのに、
南朝鮮の警察官共は見てるだけでなにもせず。

個人の感情よりも責務が絶対の立場なのは、
まともな国では当たり前の事なんだけどねぇ。
支那でさえ一応はデモ隊を鎮圧したってのに。


ところで国連の事務総長って途上国から選出と、
慣例で決まってるから南朝鮮は途上国だと、
公に認めているわけだけど人民は知ってるのかな!?

『公』が理解出来ない奴らだからわかるわけないか。

台湾に行っていた⑥


礁渓温泉はとても居心地の良い街だが、
昼から飲める店が少ないのだけが不満。
屏東なら夜市が朝からやってて昼酒天国なのに。

炎天下の礁渓を歩き回り街の外れで見つけた食堂。
古くて汚い店だが瓶ビールが冷えてたので席に着き、
水餃子とシナチクを頼んだらこれが美味いのなんの。

台湾の食堂は見てくれじゃないと再認識。


人と会うため台北に出て時間つぶしで家楽福(カルフール)へ。
有名な大型スーパーだがその規模がすごい。
ちょっと覗くつもりが1時間半もいてしまった。

台湾土産は家楽福だけで事足りる。


別の日、やはり時間を潰すため龍山寺駅地下の、
歌声喫茶に入ろうとしたら地下街が閉鎖されていた。
空調が壊れたため修理が済むまでの措置だそうだ。

行き場を失った老人達が階段に座り込む姿がもの悲しい。


仕方なく地上に出て少し歩くと異様な光景を目にする。
老婆達が歩道にイスを置き等間隔で座っている。
なにかを待つように黙ったままの老婆達。

老婆達が並んでいる壁の間には細い通路が数本。
その雰囲気からしてどうやら老婆達は娼婦かも。
取材すべきとは思ったが結局なにもせずに退散。

なにしろ最年少が推定60歳だったもんなぁ。
でも次回は覚悟を決めて突撃取材しなきゃなぁ…。


台湾のアキバ・光華商場に新館が出来たので、
行ってみたがガランとしてて見どころ無し。
帰りに傘が役に立たないほどの土砂降りに遭う。

台湾報告、あと一回書くつもり。

溜飲が下がるアニメ


アニメ『gate(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』。
自衛隊に対する言われ無き誹謗中傷を払拭すべく、
実情に則して自衛官が大活躍する。

萌えキャラが多数登場して萌え要素の強い作品だが、
要所要所でなかなか意味深な台詞も込められている。
異世界の避難民の扱いに言及した陸将の台詞が;

意思疎通に難がある状況ではまずいだろう。
後々、拉致とか強制連行だとか言われても困るからなぁ。



先日放映された第8話は特に傑作だった。
国会の参考人質疑でアンチ自衛隊に燃える女議員が、
完璧な正論でけちょんけちょんに論破される。

詳しくはこのサイトにまとめられているのでご参照を。
尚、自衛隊を目の敵にする女議員は原作の劇画では、
辻元と蓮訪をミックスした様なキャラで描かれている。

汚物まみれのTV放送


内藤大助がTV番組でセブ合宿の話題になり、
比人選手がガンガン反則をして来ると語っていた。
彼らにとってバレなければ反則もテクニックのうちとも。

それを聞いて「日本人選手はクリーンすぎる」と言った河本準一。
結果が総てで勝つためならどんな汚い手でも使う、
あの民族というウワサは本当かもしれないな。

一族郎党で1億円もの生活保護詐欺を働いても、
何事も無かったようにTVの仕事を続けられるのも、
芸能界があの民族に牛耳られているからなんだろうな。

河本が出てる番組は観たくないんだが、
台湾情報が予定されていたので録画した。
河本と久本は早くTVから消えて欲しい。

台湾に行っていた⑤


やはり在住者の情報に勝るものは無い。
空港で会ったのとは別の在住者に案内された水餃子屋。
地元民が行列してるのが納得の美味さ。

後で調べたが日本語ガイドブックには載っていないし、
日本のマスコミもまだ紹介していないらしい。
日本のTV局が嗅ぎつけるとマズイので詳細は内緒。


今回の台湾滞在中は在住邦人会う機会が多く、
某在住邦人の名前が何度か話題にあがった。
そしてその評判は著しく良くないものであった。

その人物はある分野で第一人者的存在だったが、
新たに人材が育ってきて仕事が減り焦りが出ている。
そこで謙虚になれば良いのだが尊大になってきた。

せっかく来た仕事にもケチをつけ断ったり、
少し売れてきた日本人の同業者を公に貶したり、
仕事をもらっていた会社を批判したりしている。

当然ながら人が離れ始め孤立しつつあるが、
反省するどころか余計に態度が大きくなってきた。
だいたいこんな内容で一致していた。

台湾人の優しさにドップリ甘えて生きてきた人物で、
たぶん日本に帰る場所は無いと思うが自業自得。
その日本人を反面教師として我が身を引き締める。

台湾に行っていた④


部屋にいる時はニュース専門チャンネルをずっとつけている。
8月15日は安部総理の談話を淡々と流し特にコメント無し。
南朝鮮人達が安部談話に火病を起こしてる様子も伝えていた。

その南朝鮮からの観光客が増えているとも報じていたが、
日本人観光客は観光地を早い時間帯に廻るのに対し、
朝鮮人は夕方から夜にかけて観光しているそうだ。

地下鉄に乗ったら朝鮮人達が大声で喋っていて大いに不愉快。
次の駅で一度降りて隣の車両に移動した。
半島から出るんじねぇよ、くそ迷惑だからよぉ。


地下鉄で座ってると脚の長い小姐が立ち目の前がちょうど股間。
Tシャツに使うみたいな薄い生地の短パンを履いていて、
しかもピッチピチなのでスジがクッキリと浮き上がっている。

あれは多分寝間着用の短パンだと思う。
白Tシャツが汗で濡れシースルー状態の小姐も見かけた。
台北の小娘たちは露出に鈍感なのだろうか!?

LCCか 正規割引か


帰ってきたばかりなのに次の台湾行きを決めてしまった。

乱立するLCCは成田-桃園が、
往復で総額2万円前後が定着しつつある。
それに対抗したのかチャイナエアも料金を下げている。

次回のチケットは羽田-松山便で総額27,190円。
同日程のバニラエア足下ゆったり席が22,000円+α。
5,000円の差だがバニラエアは成田-桃園便になる。

自宅から羽田と成田、空港から台北市内も計算すると、
その差は2,500円に下がってしまった。

バニラは機内食無しで機内預けは20kgまでが3,000円。
チャイナは機内食が付き機内預けは23kgまで込み。
ついでにスリッパが貰え毛布があり映画や音楽も楽しめる。

24時間前まで席が選べずマイレージも付かないが、
片道でも荷物が有るのならチャイナの方が安いと出た。
似たような内容で前も書いた気がするが、まっ良いか!

東京から台北に行くならチャイナエアがやっぱ1番だ。
飯はちょっと不味くなったけどね。

台湾に行っていた③


1日の仕事を終えた礁渓温泉の経営者・労働者達が、
夜な夜な集まり酒を酌み交わすローカル食堂。
安くて美味くてメニューが豊富なので私も大のお気に入りだった。

しかし台湾の食べログで話題になって以来、
連日観光客が押し寄せ予約なしでは入れない状態に。
でもその日は運良く1席だけ空いていた。

夫婦と3人の娘で切り盛りしている家族経営の食堂だが、
繁盛して生活が一変したのだろうか3姉妹が小奇麗になっていた。
3人共巨乳なので店は今後もますます客が集まる事だろう。


体調不良が続いていたので外出は控え幾つかの予定も中止。
なるべく部屋で過し湯治に専念し、ゆっくりだが回復傾向に。
体調が良い時だけ礁渓の街をブラついてみた。

街の外れに新しく弁当屋が開店していたので覗くと、
うなぎ弁当が有ったので即購入して部屋に戻る。
日本円で約500円の弁当で至福のひとときを味わう。

台湾に行っていた②


礁渓温泉の人気が全く収まる気配がない。
到着日の夜、別の在住邦人の方との会食のため、
バスに乗って再び台北市内へと戻る。

バスターミナルに着くと礁渓行きの乗り場に、
建物の外に溢れるほどの長蛇の列が出来ていた。
週末だったとは言えあんな凄いのは初めて見た。

22時近くに礁渓に戻ってきたが、
そんな遅くまで街中は観光客だらけ。
救いはそのほとんどが台湾人であること。

支那人が嗅ぎ付けても入り込む余地はなさそうだ。
来年1月の総統選挙では民進党候補の当選がカタい。

再び民進党が政権を奪還すれば馬英九が緩めてしまった、
支那人観光客の入国規制を再び引き締める可能性もある。

そうなれば無知で下品でマナー最悪の支那人共が、
今では我が物顔で闊歩してる台湾の観光地から消え、
安全で楽しく、そして心温まる台湾が戻ってくる。


礁渓の繁華街から離れた路地で夫婦が営む小籠包屋。
1籠10コ入り70元という爆安料金で、
地元民相手にひっそりと営業していた。

ところがその味がネットで台湾中に広まってしまい、
今では30分待ちは当たり前の行列店になってしまった。
小腹が空いた時に気軽に入れたのが良かったのにな…。

14年前の原稿

PCのデータを整理してたら昔の原稿が出てきた。
読み返したら面白かったので公開することにした。


『ピープルズ・パワー2』
2001年1月、フィリピンの民衆の不満が一つの力となって達成された大統領交代劇。事の顛末を伝えるN〇Kニュース番組にて…。

アナウンサー(以下ア):昨日フィリピンで起きました政変劇。本日は日本のフィリピンパブで出会ったフィリピーナをマニラまで追いかけて、そのままハマって住み着くこと20年。3度の詐欺と数え切れない盗難や強盗に会いながらも、今では下町バクラランで日本食レストランとレンタルビデオ屋を経営なさってます、ナガサワさんに解説をお願いしたいと思います。
ナガサワ(以下ナ):どうも~っ!来月からは運転手付きレンタカーも始めますのでヨロシク~ゥ!!
ア:早速ですがナガサワさん、今回のエストラーダ大統領の退陣劇について、どのように解析なさってますか?
ナ:そりゃぁアレだよ、マルコスがよぉ、20年間かかって溜めたのとだョ、同じ金を2年でフトコロに入れちゃうのはよョォ、いっくら何でもやりすぎだろぉョ!
ア:その暴挙がフィリピン国民の怒りを買って、激しい市民抗議運動へと発展して行った訳ですね!?
ナ:それだけじゃ無いよ。いくら金があるからってョォ、大っぴらに何人もの愛人を囲っちゃあまずいわナ! ババエって言ったってオメエは判んねぇよナ、女の事なんだけど、この国で女達を怒らしちゃぁ大統領ったってヤバいよ。何しろオメエよォ、こっちの女ときたら嫉妬深いの何の! 俺のこの前歯を見てみ。1本欠けてんだろ!? 日本から昔の友達が遊びに来たんでョ、ちょっとGOGOバーに行ったんだョ。そしたらその時に俺のとなりの席に着いた女がョ、自分のケータイの番号を書いたペーパーナプキンを俺によこしたんだ。酔っ払っててその紙をポケット入れたまんま忘れて家帰ったらさぁ、次の日にかーちゃんに見つかっちまってよォ、いきなり灰皿で殴られちまったんだョ。
ア:は、はぁ…。
ナ:それ以来よぉ、ちょっとでも遅く帰るとさぁ、服を全部脱がされて身体中の匂いまで調べられるようになっちまったョ! 迂闊に飲みにも行けなくなっちまったョ!! マニラに住んでて、蛇の生殺しだゼ!
ア:あの~ナガサワさん、話が逸れてますが…。
ナ:ああそうだったなぁ、エラップの話だったなぁ。
ア:エ、エラップと申しますと?
ナ:何だョ、オメエ勉強不足だなぁ! こっちじゃ誰もエストラーダなんて呼びやしないョ。あの野郎がさぁ、役者の時分からエラップって呼ばれてんだョ。
ア:そのエラップの話題に戻しましょう。貧困層の期待を一身に受けて大統領に選ばれた彼が、なんでまた汚職と不正蓄財に走ってしまったのでしょうか?
ナ:オメエよお、「バランガイ」って知ってか? エラップを知らなかったんだから知るわけないか。早い話町内会の事なんだけどもよぉ、日本のそれよりももっともっと関係が密でよォ、まぁ言わば一つの家族みたいなもんなんだよ。なっ!? 良いところだろフィリピンってとこはョォ、日本みたいに近所同士が無関心なんて事はねえんだョ。俺もその温かさにハマっちまってよぉ、気が付いたらもう20年も経っちまったョ。まいったネ、どうも!
ア:それで、そのバランガイが今回の事とどんな関係が有るんでしょうか?
ナ:まあまあ結論を急ぐなイ! まったく日本人ってのはせっかちでいけねぇや。オメーも2年くらいコッチで暮らしてみたらどうだい? あくせく生きるのが馬鹿らしくなってくるゼ! でまあ早い話よぉ、エラップはフィリピンっていう巨大なバランガイの長だったわけだ。バランガイ長がさぁ、バランガイに入ってくるお金をポッポすんのは当たり前なんだョ。だからよぉ、あの野郎としてみれば当然の権利だったわけだからよぉ、みんなから文句言われる筋合いは無いと思ってんじゃないの? いまだによぉ。「お前らだってやってんじゃねぇか!」ってな気持ちだろうな。
ところでアンちゃん、このあとGOGOバーに行かねーか? パサイに良い店が出来たんだけど、まだ行って無いんだョ。ちょっとくらい時間あんだろ? カーちゃんに内緒でサ、久々にパーっと行きたいもんだゼ!!
ア:以上マニラから中継でお送りしました。ナガサワさん、ありがとうございました。
ナ:もちろんオメエの奢りでよォ! 経費で落ちるんだろ?

台湾に行っていた①


フィリピンから戻ってすぐ台湾に行っていた。
LCC全盛期の昨今、チャイナエアの羽田-松山便での訪台。
しかも料金がLCC並みの2万円台後半。

但し羽田発が早朝7時なため前夜から空港で夜を明かす。
早めに空港入りし寝るのに最適なベンチを確保。
熟睡は出来なかったが贅沢は言っていられない。

チェックインが5時からなので4時半に起きる予定だったが、
3時に周りがガサゴソと騒がしくなり目が覚める。
なんと寝てる間に周りのフロア中に人があふれていた。

そのほとんどが台北行きピーチエアの乗客らしく、
チェックイン開始のアナウンスで一斉に動き始めた。
そしてガランとしたフロアに再び静寂が戻る。


チャイナエアの早朝便もほぼ満席。
CAの新しい制服は支那服っぽさが薄れ悪くない。
でも機内食の味が一気に落ちたのは予算削減のため?

松山空港で台北在住者の出迎えを受け情報を頂戴する。
その足で地元出版社を表敬し仕事を下さいと営業。
礁渓温泉に着いたのは午後2時ですんなりとチェックイン。

礁渓の定宿は経営が息子の代になり室内をリニューアル。
さらにAGODAにも登録し攻めの営業姿勢。
ここ1年で一気にホテルが増えたので気合を入れたのだろう。

毎回とてもお世話になっている宿なので、
お土産として『東京ばな奈』を差し出す。
それが空港限定版と知ってフロント一同大喜び。

台湾人は日本の限定版スイーツが大好きで、
しかも日本人以上によく知っている。
台湾人へのお土産で迷ったら限定版スイーツがお奨め。

サイパン その後


台風13号の直撃で甚大な被害が出たサイパン。
オバマが被災地宣言をしてすぐに米軍が動き、
いま急速に復旧作業が続いている。

それでも被害があまりに大きすぎたため、
ライフインの回復にはまだまだ時間がかかりそう。
そんな復旧作業を見て地元民たちが囁いてるそうな。

「日本が来てくれりゃ1日で全部直る」


空港は照明設備の修理に手間取り、
今のところ夜間の発着が中止されている。
そのために支那人観光客が激減してるそうだ。

飽きっぽい漢族のことだ、
これを機会にサイパンブームも一気に冷めるかも。
台風の怖さも奴らにとって未知の脅威だったろうし。

支那人が来なくなると島の経済にとっては、
一時的にはダメージだろうが長い目で見りゃ吉。
また以前の居心地の良い南国に戻って欲しい。


空港の夜間発着も今夜から解除と決まったが、
なんと次の台風がサイパンに接近中。
広大な太平洋で何故に小島を直撃するか台風。

ほんの数十キロで良い、なんとか逸れて欲しい。

比国の話題 2題


フィリピンでは数年前から新札が出回り始めたが、
旧札が年内いっぱいで使えなくなるそうな。
詳しくはこの解説を参照。

しかしいまだにATMから旧札が出てくる体たらく。
都会はともかくとして地方ではすぐには無理だと思う。
年が明けたらしばらくは混乱が続きそうだな。

台湾でもお札の切り替えがあったが、
期日後も台湾銀行で両替が可能で、
私も空港の台湾銀行窓口で手数料ゼロで全額両替した。

尚、日本は旧札が額面の金額で使える。


滞在しいていたリゾートホテルの通路を、
白人おやじがブリーフ1枚で徘徊。
そのモッコリを見て思った。

あれだけデカけりゃ見せびらかしたくもなるか…。

腐れ空港


アジア・ワースト1の呼び声高いニノイ・アキノ国際空港。
フィリピン訪問時、滞在中は概ね快適だが、
入国日と帰国日だけは憂鬱になるほどクソったれな空港。

入国時のみならず出国時までも職員が言い掛かりを付けてきて、
「ココロヅケ」という日本語で賄賂を要求する腐りきった空港。
空港は国の顔、あの空港が比国の印象を悪くしてるのは明白。


しかし今回は便の到着が30分早かったためか、
税関職員が2名しかカウンターにおらず、
到着客のほとんどが無人のカウンターをすり抜けていた。

当然私も無人カウンターを平然とスルー。
今回はツイていたなと安堵したのもつかの間。
マニラ市内の目的地に着いてカバンを開けて愕然。

厳重に梱包したはずの段ボール箱が壊れていて、
中に入れてあったレトルト食品が破裂していた。
段ボールの濡れ具合から中身が漏れてから時間は経っていない。

チェックイン時に"FRAGILE"タグを貼ってもらったので、
航空会社は荷物を丁寧に扱ってくれたはず。
状況からニノイ・アキノ空港で乱暴に扱ったに違いない。


ニノイ・アキノ国際空港を利用する度に思うこと。

なにが『観光推進』だ!フィリピン政府!!
あの空港が原因でリピーター率を著しく落としてるぞ!!

典型的なダメ2代目


仕事先の上の人に長旅に出ることを告げたら、
「旅行先で何をするか」と問われたので、
一カ所に滞在し本を読みながらのんびり過ごすと答えた。

すると「それじゃぁ旅行の意味がないじゃん」と鼻で笑われた。
この男、箸を持った手の肘をテーブルに付けて飯を喰う。
この男、自分が話題の中心で無いと露骨に機嫌が悪い。

この男、私が他のスタッフと台湾の話をしていると、
「台南はね、日本で言うと京都なんだよ」と割り込んできて、
ガイドブック受け売りの知ったかぶりをひけらかす。

『古都』と言うだけで台南を京都になぞらえてるのだが、
実際に台南に行けば京都っぽさなど微塵も無い。
でも面倒くさいので相手にせず黙って戯言を聞いてやった。

この男、会社の2代目で次期社長なのは確実。
そして創業者である初代が引退をほのめかし始めた。
私は次の仕事先を探し始めた。

神事と裸


病院の待合室でチラっと観たニュースなので、
詳細まではわからないがどこかの神社の、
奉納行事での踊りが大問題になってるとか。

半裸だったとか尻を出した事がけしからん!だそうだが、
神話の時代から日本の神事に裸は付き物なんだがなぁ。


天照大神が天の岩戸にお隠れになり、
困り果てた八百万の神々が岩戸の前に集まり、
開いた宴が日本最初のストリップだった。

天宇受売命がトップレスで踊り始め、
さらに下半身を丸出しにする大サービス。
八百万の神々は大喜びで大盛り上がり。

その騒ぎが気になった天照大神が、
ちょこっと岩戸を開けて覗いた瞬間に、
怪力無双の手力男命が岩戸をこじ開けた。

嘘だと思ったら調べてみ。
ネットで検索でも良いが出来たら『古事記』を読んで欲しい。


神の前で裸がけしからんと思ってる人達にも、
この機会に是非とも『古事記』を読んで頂きたい。

他にも神々によるエッチな話が幾つも載ってるよ。

比国で療養③


馴染みの女が私の来訪を知り訪ねてきた。
顧客を抱えたのでバーを辞め個人営業に切り替えたが、
途端にアンヘレスが不景気になり生活は芳しくない様子だ。

ソウルの金浦とアンへのクラーク空港が直行便で繋がり、
朝鮮人が押し寄せたキムチ景気の時にキムチマネーを当て込んで、
ホテルの建設ラッシュが始まったが完成時にバブル崩壊。

プロモーションと称してホテルが値下げ競争をしているが、
部屋の稼働数はかなり悪いと地元民から聞かされた。
キムチ資本のバーやレストランも閑古鳥だそうな。


一軒の朝鮮食堂が客集めで始めたランチビュッフェ。
150ペソと格安なのに料理が充実しているので、
円安で懐が厳しい日本人客も恩恵を受けている。

私も栄養補給でたびたびお世話になっていたが、
朝鮮人より下品なニッポンジジイが大声で喋っていて、
一気に飯が不味くなりその日は早々に店を出た。

そのジジイ服装から長期滞在者と思われる。
あまり目立つ事してるとそのうち痛い目に遭うぞ。

比国で療養②


面識のある長期滞在邦人とバッタリ会ったので、
アンヘレスの最新情報を訊ね日本人詐欺師の話を教わる。
何年も前に在住邦人から聞かされたのと同一人物っぽい。

比国慣れしていない日本人観光客に近づき、
親切に接して油断させターゲットの部屋に上がり込み、
スキを見て現金や貴重品を盗み出すそうだ。

人当たりが良く物腰も柔らかいので騙される人が続出。
特に現金の隠し場所を聞き出すのが得意技だとも。

-詐欺師が見るからに怪しかったら仕事が出来ない。
-プロの詐欺師は一見「良い人」ばかりですよ。
マニラで長く暮らしている邦人から受けた忠告を噛みしめる。


定宿に小金持ちそうな比人が大家族を引き連れ宿泊。
プールサイドは連日そのファミリーで占領状態。
数部屋に別れて泊まっていて一グループが隣の部屋。

泳ぎ疲れた子供達がテラスで日向ぼっこしてたので、
チョコレートをあげたら仲良くなった。
私の姿を見つけるとプールの中から一斉に手を降ってくる。

下の部屋のテラスでは白人グループが毎晩酒盛り。
酔っぱらい達の大きな喋り声が私の部屋まで響いてくるが、
その会話の中に日本語の単語が混ざってたのが気に掛かる。

比国で療養①


日本での激務がパッタリと途絶えた日にフィリピンに渡った。
最悪の体調のままやっとの思いでアンヘレスに辿り着き、
宿のベッドで大の字になったまま数時間動けなかった。

脈も呼吸も整いなんとか起き上がり、
テラスに出て伸びっぱなしだった足の爪を切り、
日本から引きずってきたモノとの決別の儀式とする。


街に出て両替をしてからスーパーで必需品のお買い物。
レジで長々と待たされやっと順番が来たかと思ったら、
お釣りの少額紙幣が足りずにさらに待たされる。

疲れと渇きでフラフラになった身体で宿までは無理と判断し、
途中の簡易食堂に立ち寄りビールを飲んで一休み。
部屋に戻った途端に今度はうつ伏せ状態でベッドにダウン。


東京ほどではないがアンヘレスもかなり暑い。
聞けば数日前まで連日雨降りだったそうだが、
私が来てからはずっと快晴でジッとしてても汗がでる。

日本を発つ数週間前から古傷の膝を痛めていたが、
フィリピンに来て持病の腰痛も悪化させ、
さらに溜まりに溜まっていた疲労も一気に出てしまった。

という訳で数日間は静養ではなく療養生活。
日本から持参した食品で食いつなぎながら、
外出を控えて極力睡眠時間に充てていた。

今日のお小言


電車の座席
牛丼屋の客席
1000円カットの待合席

その上にてめぇの荷物を置くヤツは、
その面を象の足で踏まれてしまえ!

サイパン 台風直撃後の経過


大型台風がサイパンを直撃して今日で3日目。
徐々に明らかになる島のダメージはかなり深刻。
Youtubeにこんな動画も投稿されている。

水道は割と早く回復しそうだが、
電柱の7割が倒れたため電気の復旧は見通しが立ってない。
閉鎖されていた空港は再開され成田便は飛んでるみたいだ。

建物の被害も凄まじく平屋は屋根が吹き飛ばされ、
島の至る場所が倒木や廃材、壊れた車で溢れている。
この惨状に対し米国政府の動きが伝わってこない。

北マリアナ諸島は経済破綻により米国の自治領になった。
すぐ隣りのグアムから駐留米軍をサイパンに派遣し、
ライフラインの早急なる復旧に務めるべきと思うが。


ここ数年、サイパンで支那人がやりたい放題。
子供に米国籍を取らせるため出産に来たり、
最近ではコンテナで大量に密入国している。

しかし賄賂で骨抜きにされた北マリアナ政府は知らん顔。
戦略的にグアムと同等なほど重要な地点だと思うが、
何故か米政府もサイパンの現状に全くの無関心。

今回の台風による被害への対応を間違えると、
取り返しの付かない事になるような気がするが。
米国のみならず日本にとってもね。

夏なので怖い話をひとつ


怪談ではないが実際に有った怖い話。

知人の隣の部屋で殺人事件が起きた。
被害者は知人の隣人だった一人暮らしの女。
事件後しばらくは現場保存のため部屋はそのまま。

住人が殺されたことを知ってか知らずか、
事件後も隣の部屋にたびたび電話がかかってきて、
留守番電話機から殺された女の声でメッセージが流れる。

薄い壁を抜けてその声が聞こえてしまうので、
その度に知人はとても怖かったと供述している。
遺族が部屋を片付けるまで恐怖の日々だったとも。

呑まずに飲まれるヤツもいる


アメトーーク!の『お酒飲み過ぎちゃう芸人』。

ゲストたちが酔っ払ってる姿を撮ったビデオを観て、
酒の席に酒を呑まない人が参加する事の是非を、
地元の飲み仲間と呑みながら熱く語った事を思い出した。

その呑み友はシラケるから絶対に嫌だと力説し、
私は気にしないで呑む同士で楽しみゃ良いじゃないと諭す。
そして二人はいつしか記憶をなくすほど酩酊して帰宅した。

それから時が流れ呑む理由もメンバーも代わり、
数えきれないほどの酒の席を経験したが、
呑まない参加者の中に質の悪い奴がいる事も知った。


呑み始めれば誰でも多かれ少なかれ支離滅裂になり、
自分の言ってる事も相手の言ってる事もわからなくなる。
そして何も覚えてないから遺恨も残さずまた同じ相手と呑める。

ところがとあるグループの飲み会に毎回参加して、
酔っぱらい達の他愛もない無い話に耳をそばだて、
その内容をベラベラと言いふらすとんでもない下戸野郎がいた。

その手の輩は酒の席以外でも行儀が悪い。
件の下戸野郎は皆でタクシーに乗っても一度もカネを払わず、
自分に得だと思った集まりをコウモリの如く飛び回っていた。

そして結局はどこでも信用を失い孤立したと耳にしている。
酒の席ってのは呑む呑まない関係なく人間性が出るもんだ。
自業自得だ、是非とも寂しい老後をおくって欲しい。

そう言えば多忙だったため4ヶ月以上酒の席に参加していない。
齢を重ね病も経験し若い頃の様に泥酔する事も出来なくなった。
身体には良い事なんだろうが寂しくも感じる。

サイパンが大変なことに


今のところ日本での報道を目にしていないが、
サイパンを台風が直撃して甚大な被害が出ている。
ネットは繋がるので現地から写真付きで次々と報告が届く。

なにも太平洋の小島に上陸しなくても良いのに。
ちょっとそれれば被害だって何十分の一だったろう。
電気の普及まで一ヶ月かかるとの噂まで流れている。


夏休みシーズンで観光業も大打撃だろうが、
日本からの直行便は成田から1日2便のみ。
ここ数年は完全に支那人に占領された状態。

現地で長く働いていた日本人も2年前から次々に島を離れ、
日本人観光客相手のビジネスは年々縮小傾向。
そんな状況なので日本でニュースにならないのかも。


地理的に日本の防衛にとって重要な位置にあるサイパン。
この機会に自衛隊を災害派遣しそのまま常駐すれば良いのでは。
たぶん今回の台風を切っ掛けに支那人は激減すると思う。

しかしいま日本が何か行動を起こさなければ、
逆に支那共産党が軍を派遣し実効支配してしまうかも。
荒唐無稽な事を言ってますか、私?

余裕を持って楽しい旅を


この夏予定している台湾旅行帰国日の翌日に、
内容的にも金額的にもオイシイ仕事が入ったが、
飛行機が飛ばないという事態を考慮しお断りした。

昔々のサラリーマン時代から海外に出かける時は常に、
日本での仕事の二日前までに帰国するよう心がけている。

帰国ラッシュの空港でインタビュー受けてる人が
「明日から仕事です」と答えてるのを見る度に「大丈夫か?」、
「もしもを考えて不安にならないのか?」と心配になってしまう。

もし仕事に間に合わなかった場合、
「周りに迷惑がかかる」では済まない人だっているだろうに。

短い休暇のギリギリまでバカンスを楽しみたい気持ちはわかるが、
社会人としての責任感を持って旅に出て欲しい。

グアムにて大型台風の直撃で空港が閉鎖され帰国できず、
アリバイが崩れてバレてしまった不倫カップルがいたそうだ。
まさに『因果応報』である、皆さんもご注意を。

比国の現状を凝縮した記事


本日の日刊まにら新聞から抜粋。

 韓国人男性重傷
 バギオ市の飲食店で韓国人が比人客とけんか。
 比人20人から報復を受け重傷

この短い記事からフィリピンの現状が読める。
まずは南朝鮮人民が激しく嫌われているという事実。
20人から袋叩きとは嫌われっぷりのレベルが違う。

そして日頃はとても親しみやすい比人だが、
頭に血が上ると豹変して抑制が効かなくなるという現実。
だから比国で比人を侮辱したらタダじゃ済まない。


比国で比人とトラブルを起こしたら勝ち目はない。
警察だって「アテにならない」どころか、
状況によっては完全に敵に廻る事もある。

マニラで長く暮らす在住邦人から言われた言葉。

-この国で外国人が生きていくには
-住まわせて貰ってるとの気持ちを常に持ち
-頭を低くし目立たないようにしなければならない

この教訓は観光客と言えども肝に銘じたほうが良い。
ニュースにはならなかったけれど日本人でも、
比人を馬鹿にして袋叩きに遭った愚者が実在する。

怒りの録画鑑賞


録画しっぱなしだったTV番組を古い順から観ているが、
田村アツシなるオチャラケの非常識ぶりに激しい怒りを覚える。

舎弟共を引き連れマカオに遊びに行ったが、
たぶん格安の割引チケットでフェリーに乗ったのだろう。
香港に戻る便の変更は不可だとチェックインを断られた。

ならば予定通りの便に乗るか新しくチケットを買うべきなのに、
このオチャラケは浅ましくも高圧的に変更を要求。
カウンターの職員に対し「ノー!チェンジ!!」と言い続けた。

まず英語として完全に間違ってる事で馬鹿丸出し。
しかも「言い方を変えて」このノーチェンジをひたすら繰り返し、
ゴネてゴネてゴネまくった事を自慢気に語る愚かさ。

うしろでずっと待たされている善良な乗客から注意を受けると、
あろうことかその人に対してまで「ノー!チェンジ!!」と噛み付き、
文字通り日本の恥である行為を嬉々として語る異常ぶり。

最後はフェリー会社の職員も呆れ果てたのだろう。
このチンピラをさっさとマカオから追い出すべく交換に応じ、
ゴネ得を武勇伝日のごとくTVで自慢する田村アツシに腹が立った。


この田村アツシは運動神経の悪さから、
「もう二度と野球をするな」と言われたそうだが、
「もう二度と海外旅行をするな!」を付け加えたい。

一族郎党で総計1億円の生活保護詐欺をした河本準一。
なんみょ~学会の後ろ盾でTVに出しゃばりまくる久本雅美。
コイツらが出てるとすぐにチャンネルを替えるかTVを消す。

今後は田村アツシも「見たくない奴リスト」に加えることにした。
ここまで書いていて思ったが田村アツシって日本人か?
ゴネっぷりと横暴さがあの民族そのものなんだけど。

そう言えば河本一族もあの民族ってウワサだし、
久本の後ろ盾はあの民族と深い関わりがある。
芸能界って本当にあの民族に汚染されているのかもな。
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR