南部台湾旅⑤


関子嶺から嘉義に戻るバスで一緒になった初老の日本人。
40数年前の学生時代に台湾を訪れ、
今回はその時のコースを辿る旅をなさってる最中。

当時の台湾はとても貧しくて、
その人はどこに行っても「服を売ってくれ」とせがまれたそうだ。
「息子に着させたいから日本製の服が欲しい」と懇願されたとか。

でも学生の身分で着替えもあまり持っておらず、
申し訳ないと思いつつも断らざるを得なかったとも。

日本から服や化粧品を台湾に持っていき、
それらを売れば旅費が浮いた時代だったみたいだ。
その人は当時船で基隆から台湾に上陸したと語っていた。


関子嶺から嘉義に戻って1泊。
嘉義は駅前の中正路に安ホテルが密集していて、
シングルルームが1泊6~700元でWi-fiも完備。

夜遅くには路上で客引きしているので、
さらに値下げに応じる宿があるかも知れない。
この安宿通りにはコインランドリーもあって便利。

嘉義滞在中に映画『KANO』に関連した施設等を巡る。
その途中で鉄道公園があったので立ち寄ったら、
車両基地をそのまま開放していて鉄ヲタ天国だ。
スポンサーサイト

南部台湾旅④


屏東から台鐵の呂光号にて北上し嘉義に移動。
その車内で後ろに座った野郎が重度の歯槽膿漏で、
強烈な口臭が漂ってきて激しく迷惑した。

悪臭野郎が高雄で降りるまで非常に不愉快だった。
口の臭い奴は台湾とか日本とか関係無しに、
公共の交通機関を使うんじゃねぇよ。


嘉義は台南北部に位置するが列車を降りたらひんやりする。
台南や屏東に比べて明らかに気温が低い。
でも目的地は温泉地なので多少寒くても問題なし。

路線バスで山を登ると片側一車線の狭い街道沿いに、
関子嶺という温泉宿の密集地帯に到着する。
その様は日本の温泉街にそっくりだ。

関子嶺では日本軍が造ったという保養所に投宿。
100年以上前の建物なので増築が重ねられ迷路状態。
でもWi-Fiは使えるしお湯の量・温度ともにとても良い。

泥が混じった珍しい泉質で肌がスベスベになるのが売り。
日本を発つ時に顔に出来ていた肌荒れが綺麗に治った。
広い廊下に椅子とテーブルが置かれ山を眺める事が出来る。

その廊下で読書したり酒を飲んで気分よく過ごせる。
カセットコンロを持ち込んで鍋をしている家族もいた。
こんな良い湯治場を今まで知らなかったのは損した気分だ。

今後も毎年冬は関子嶺温泉で過ごしたいものだ。
今回は2泊のみだったが次回は4~5日いても良いな。
桃園空港から中歴経由だが高速バスで嘉義まで行ける。

LCCで早朝に桃園空港に着くのなら、
その日のうちに関子嶺温泉に行くことも可能だ。
嘉義駅近くから1時間に1本バスが出ている

南部台湾旅③


屏東には2泊して2日目にちょっと遠出。
バスで1時間強の山中にある原住民の村を訪れた。

8時半のバスに乗り10時前に終点の町に到着。
ここから山道を徒歩で進むのだが方向がわからない。

地元の老人に訊ねたら軽トラックの荷台に乗れと言われ、
村へと続く道の入口まで連れて行ってもらえた。
嗚呼、なんて台湾らしい出来事なんだろうか。

山道を汗だくになって登ること30分。
目的の村に着いたら本数は少ないものの、
実は屏東からマイクロバスが走ってる事を知った。

帰りはその路線バスに乗って屏東駅前まで戻り、
その足でまっすぐ夜市に向かって台湾ビールを呷った。
まだ午後2時だというのに幸福感で満たされた。


屏東の鍋屋で隣の席のネーチャンらの会話が聞き取れた。
「あれっ?」と思って見たらフィリピーナのグループ。
台南で働いていて屏東に遊びに来たみたいだ。

みんな台湾が長いらしく会話に北京語の単語が混じる。
日本に住んでいるピーナ同志がタガログでお喋りしてても、
ところどころに日本語が入るのと同じなんだな。

南部台湾の旅②


初日の台北と2日目の台南だけ事前に宿を予約しておいた。
台南は毎回利用している宿がブッキングドットコムを通すと、
割安料金になるので飛びついたが部屋のランクは下げられていた。

今まで通りフロントで直接交渉して、
居心地の良い部屋を納得いく料金で得るべきだったと後悔。
台南は一泊だけにして高雄より南の街・屏東に移動する。


屏東は夜市が昼から営業していて昼酒天国。
しかも飲食店の物価が台北の6割程度と格安。
そんな夜市で今回は一人鍋屋に嵌ってしまった。

洗面器大の鍋に野菜と具材がたっぷり入り、
ご飯とソフトドリンクは食べ放題飲み放題。
これでたったの80元(約300円)。

薄く味付けされていて数種類の調味料で調整するが、
もろみ味噌を入れたらイスから腰が浮くほど美味く仕上がった。
屏東に2泊したが2晩共この鍋屋に通ってしまった。

日本人観光客が2日続けて来た事に店主は驚き、
美味そうに食べる私の姿を調理しながらチラチラ見ていた。
そして会計の時に満面の笑みで「謝謝!」。

キモチも胃袋も大満足のお店だった。

南部台湾の旅①


バニラエア往復12,000円の特価で台湾に行っていた。
成田発8:50なので当日早朝に家を出て充分に間に合った。
初日は台北に宿泊し在住邦人と会食、翌朝バスにて台南に移動。

台南と言えば先日の地震が日本でも大きく報じられたが、
現地で地震の爪痕は全く目にする事はなく、
被害は手抜き工事で崩れたマンションだけみたいだ。

その工事を請け負った建設会社は札付きのヤクザが経営。
手抜き工事をしてボロ儲けしては会社を潰してしまい、
新しく会社を作りまた手抜き工事をするの繰り返し。

そんな事情は一切説明なく柱の中の一斗缶ばかり強調。
偏向報道しか出来ない体質なんだろうな日本のマスコミは。


台北は雨続きで寒かったみたいだが、
南部台湾は晴れたり曇ったりはしているものの、
日中は半袖で過ごせるほど気温が上がっていた。

今回の台湾はとにかく移動の多い旅であった。
毎日台鐵とバスの両方を利用してアチコチへと出かけた。

バニラエアは機内預けは別料金で片道3000円。
往復6000円を節約するため機内持ち込みだけにしたので、
10kg以内に収めたディパック一個の身軽さが幸いした。

NO MORE 買出し支那人


先日のマニラからの帰国日、
成田から京成に乗ると同じ車両にて、
支那人の男女2組が絵に描いたように傍若無人。

大きなトランクを一人2コずつ通路を塞いで置き、
8人掛けのシートを4人で悠々と占領している。
トランクは買い出し目的で多分カラッポであろう。

テリー伊藤なる媚び支那どサヨク野郎が、
「爆買いではなくビューティフルショッピングと呼べ」
とほざいてるが、この現実をアイツはどう考える?


支那人共のキ○ガイじみた買い物の目的はは、
支那に戻ってから転売して儲けを企んでいる。
「爆買い」では「爆仕入れ」だろうが。

支那人てのはどいつもこいつも自分の事しか考えておらず、
気配りなんてモノはおおよそ持ち合わせていない。

目先のカネであんな奴らを受け入れたために、
日本は大きなモノを失ってる事に、
日本人の何パーセントが気づいてる!?


支那人の団体が泊まったホテルでは、
部屋や公共スペースの備品が大量に無くなるという。

1秒でも早く支那人のビザ緩和を廃止しないと、
取り返しのつかない事態に陥るぞ。
いや、既にそうなっている気がしてならない。

お前こそ謝れ!


「アンタ日本人か!?」
フィリピンで老人が英語で話しかけてきた。

「(昔)日本人から“おいっ!”“こらっ!”と言われた」
「日本から押し付けられた軍票は紙くずになった」

無表情で聞き流していたが老人はかなりしつこい。
感情を込めずに“So what (それで) !?”と返したところで、
老人の娘らしきピーナが血相を変えて飛んできた。

「すみません、ごめんなさい」と私に何度も謝り、
駄々をこねる老人を引きずるようにして連れ去った。


たぶん老人はこれまでも同じように日本人にカラみ、
その日本人が平身低頭ペコペコしたのが病み付きになり、
日本人を見つけると言い掛かりを付けているのだろう。

冗談じゃない。
私がその老人を「おい!こら!」と怒鳴ったわけじゃない。
私がその老人に軍票を押し付けたわけじゃない。

文句があるなら日本政府に言ってくれ。
でも日本とフィリピンの戦後補償はとっくに済んでいる。
ということは不満は比国政府にぶつけるべきだ。


日本人にも勘違いしている奴が多すぎる。
特に自称文化人や芸能人の類。

「日本が過去に行った事へ私は心を痛めている」
と自分に酔っているだけ。
「そんな私はとても良い人」とアピールしてるだけ。

この『私は良い人症候群』共のせいで支那朝鮮が付け上がり、
二言目には「日本は昔悪いことをした」とほざきやがる。
冗談じゃねぇってんだ。

もし支那人朝鮮人に因縁を付けられたら、

「オレはお前に何も悪いことをしてねぇぞ!」
「今では支那人(朝鮮人)が日本に悪い事をしてるじゃねぇか」
「だからお前はオレに謝罪しろ!」

こう言い返してやれば良い。
ゆすりたかり民族に舐められてたまるかってんだい!

Pパブは過去の遺物となりつつかな


『恋する指差し会話帳フィリピン語編』が絶版になっていた。
需要が薄れるほどピーナに恋する人が激減したのだろう。
Pパプが絶滅寸前でピーナと知り合う機会も無くなったしな。

Amazonで調べたら中古品に3~5千円の値が付いている。
著者との個人的お付き合いから3冊ほど手元にあるので、
カネに困ったらネットオークションで売っちゃおうかな。


バブル期のPパブを舞台にした映画『ピン中!』が公開間近。
是非とも観たいのだが携帯を注意して喧嘩になって以来、
映画館には行きたく無いのでDVD化を待つしかないな。

私はPパブには数える程度しか行っていない。
マニラ通いが始まって3年が過ぎた時に初めて入店したが、
ゴーゴーバーとのあまりの違いに逆カルチャーショック。

まず座ってる時間で料金がカウントされるのが納得出来ない。
現地のバーは基本は自分の飲み分だけ支払えば良い。

Pパブでのピーナのノリの悪さにも辟易した。
ゴーゴーではドリンク欲しさにサービス精神旺盛だが、
日本では「お前らなに気取ってるの!?」と苛ついた。

マニラのゴーゴーにどっぷり漬かっていた身には、
「ちょっと触った位でムキになって怒るんじゃねぇ」
「そもそもお前らなんで服を着てる!?」と言いたくなった。

日本に来る前はゴーゴーで水着か下着姿で働いていて、
連れ出しされたくて自分から触らせてたコだっているくせに。
(Pパプのピーナの一部だけです、念のため)

但し私の周りにはPパブ嵌まりが大勢いたので、
『ピン中!』を観たら「そうそう!」と爆笑しちゃいそうだ。
早くDVDにならないかなと公開前から期待してしまう。

まだまだ発展途上空港


羽田空港国際線ターミナルは、
ロケーション的にはとても便利なのだが、
働いている人たちの仕事の出来なさが嫌になる。

一番腹が立つのは出国前のセキュリティチェック。
手際が悪くていつも人の流れが滞っている。

搭乗券のバーコードをスキャンする装置も不具合が多く、
読み取れないケースが続出し渋滞に拍車をかける。
あんなもの成田には無いぞ、必要ないだろ。


イミグレも窓口が少ないのでいつも長蛇の列。
自動ゲートも有るのだが故障して使えなかったので、
すぐ横のカウンターに言いに行ったが誰も動こうとしない。

アホ面して座ってるだけの職員連中を見て、
お地蔵さんが並んでるのかと思ったよ。


先日も知人が羽田空港国際線の洗礼を受けてしまった。
余裕を持って2時間前にターミナルに着いていたのに、
ウスノロの連鎖反応で搭乗時間ギリギリに入管を通過。

免税店で買い物どころか搭乗口まで走る羽目になった。
羽田空港職員は国内線のセキュリティチェックもドン臭い。
みんなまとめて成田空港に研修に行け!!

追記;
セキュリティチェックで『クルー優先』ゲートは誰もいなかったので、
その事を確認して通してもらおうとしたが頑として受け付けない。

「クルー専用じゃなくて優先だろ!?」と詰め寄ったが、
無表情な能面ヅラで「ダメです。通せません」の一点張り。
頭悪すぎ。

地上波はもう不要


早朝に家を出てクタクタになるまで働いて夕方に帰宅。
TVをつけたらどのチャンネルも議員の不倫騒動。
報道番組で長々と取り上げる話題かよ。

自民党の議員だから大騒ぎしてるのが見え見え。
安倍政権の足を引っ張りたいだけだけの事で、
ミンスやコンペイ党の議員だったらここまで攻撃した?


「爆買い」は支那人を見下した言い方だとテリー伊藤が吠えた。
あの野郎は台湾は支那の領土と発言し、
抗議を受けたが訂正も謝罪もしなかった団塊ドサヨク。

元野球選手の覚醒剤騒動に、
「何年か経ったら芸能界に戻ってくる」
「今まで他の芸能人もそうだったから」と世間の声。

それに対し「なに訳の分からん事を言ってる!」
と和田アキ子こと金 福子が噛みついていた。

世間の声に付け加えよう。
「在日かナンミョーだったら尚更のこと復帰は早い」


支那朝鮮の提灯持ち地上波なんて、
日本にとって百害あって一利なし。

犬HKもろとも一度廃止した方が良いんじゃない!?

TV雑誌


長らく愛読していた『TVぴあ』が廃刊。
TV雑誌は各誌で使い勝手が違うので、
見比べた中でTVぴあが一番使いやすかった。

ネットの影響でTV雑誌も売れなくなったのかな。
HDDレコーダーにキーワード登録しておけば、
観たい番組を自動で録画しておいてくれるしな。

取材や原稿の資料のために「フィリピン」「台湾」、
「グアム」「サイパン」に関する地上波は全て録画。
台湾だけでもDVD100枚以上は保存してある。

海外で暮らしている友人達のためにも録画して、
DVDにして届けているのでTV雑誌は必需品だ。


売り上げを伸ばすためだろうかTVぴあは、
いつからかアイドル路線に走り始め、
ここ数年はジャニーズ色が濃くなってしまった。

余計なグラビアのせいで330円もしていたのが、
売り上げに影響し廃刊に追い込まれた原因だと思う。

番組表はとても見やすい誌面構成だったので、
シンプルに番組情報のみにして値下げすれば、
むしろ売り上げが伸びたような気がする。

来週分からは番組表のデザインがTVぴあに近い、
『テレビライフ』に切り替えることにした。
MXTVの第2まで掲載してるのが決め手だった。

台南震災にまつわる胡散臭い話


震災発災後しばらくは報道に消極的だった日本のマスコミ。
急に崩壊したマンションの映像をやたらと流すようになった。
台湾の評判を落とそうとしてるんじゃねぇかと疑ってしまう。

現地からの報告だと大きな被害は極一部の建物。
しかも手抜き工事が原因だったのだが、
日本のTVがそればかり映すので風評被害が出ている。

地域によっては断水が続いているがインフラは概ね回復。
義援金もありがたいが観光に来てもらえる事が、
何よりの励みになると台湾人の皆さんが願っている。


その募金だがどこに託したら最良なのか思案していると、
赤十字に関して嫌な情報が台湾から届いた。

日本赤十字に集まった義援金は中華民国紅十字会に譲渡されるが、
この組織は寄付金をピンはねして国民党に流してる疑惑がある。

東日本大震災時も台湾人が中華民国紅十字会に募金した額より、
日本赤十字が受け取った金額が少なすぎると社会問題になった。


私も台湾に何かしたいという気持ちを強く抱いてるが、
募金に関してはもう少し様子を見て精査した方が良さそうだ。

そして近々台南に行こうと画策中。

比人の方がわかっている


朝鮮の追軍売春婦共を野放しにしてるせいで、
模倣犯がフィリピンにまで飛び火して腹立たしい。

天皇皇后両陛下の比国ご訪問時も、
嘘つきババアと恐喝利権に群がる家族達が、
日本大使館前で抗議活動をしていた。

その様子が日本のマスゴミで報じられていたが、
フィリピンでは殆ど取り上げられていないので、
大多数のフィリピン人はその存在すら知らない。

両陛下の取材で比国入りした日本のマスコミから、
この件でインタビューを受けた在住邦人が、
なんの事やらさっぱりわからず困ったよと笑っていた。

比国では被害者を偽った詐欺や恐喝が横行してるので、
日本大使館前の浅ましい連中を誰も相手にしない。
騒いでるのは日本の反日カスゴミだけ。

怒り 2題


南部台湾大震災の報道が日本のニュースで少なすぎ。
特にTVの情報番組ではチョロっとしか触れてない。
芸能人の不倫や覚せい剤なんてどうでも良いだろが。

同じ規模の災害が南朝鮮ならニュースのトップだろうし、
特別番組を組んだんじゃないかな!?


沖縄生まれで沖縄育ち。
子供の頃から芸能界にどっぷり。
今井絵理子って反日洗脳されてると思う。

まったく何をやってるんだか自民党。
票集めに芸能人って、やってることがミンスと同じだよ。
安倍政権は支持してるが自民党は支持出来ない。

なんてこったい


もう2月も一週間が過ぎようとしてるのに、
チャイナエアがネットで4月以降の予約が入らない。

リニューアルしたウェブサイトも見づらい、
使いづらい、わかりづらいの三拍子。
チャイナエアは客を乗せる気あるのか!?

なんて事を書いていたら台湾南部で大地震。
心配で日記の更新どころじゃなかったよ。


日本のニュースではチョロっとしか触れていないが、
ネットで台湾のニュース番組がライブで観られる。

倒壊した建物は極一部で、
街全体のダメージは思ったほど酷く無さそうだ。
但し電気や水道といったインフラの被害は不明だ。

倒れた建物は前回の大地震の時と同様で、
たぶん手抜き工事が行われたのだろう。

今後の情報を注視しながら、
日本人のひとりとして何が出来るか考えたい。

やってくれるなぁAmazon


渡比報告は一回休み。

仕事で使うバッグをAmazonで購入。
2月2日に到着予定とメールが来たので、
今週から使えるなと楽しみにしていたが届かない。

配達状況を確認したら『15日までにお届予定』。
なにが起きてるんだと配送の追跡をしたら、
なんと支那から発送されていた。

送料無料なので船便であろう。
15日までに届くかどうかも怪しいもんだ。
そもそも、本当に注文したバッグが来るのか!?

比国で避寒⑤


朝鮮タレントのイベントがマニラで開催され、
軽薄なニッポン小娘共も駆けつけたという。

中には日帰り弾丸ツアーで来たのは良いが、
初めてのフィリピンで右も左も分からず、
会場までどうやって行くか困ってる連中もいた。

同胞のよしみだと空港から会場まで車を手配し、
さらに空港まで無事に帰れるようにと、
運転手を会場近くに待機させてあげた日本人がいる。

なのに助けてもらった小娘共は、
お礼どころか挨拶も満足に出来なかったそうだ。

朝鮮タレントにうつつを抜かしたり、
朝鮮ドラマにのめり込んでる様な輩は、
精神構造まで朝鮮人に感化されちまうんだな。

或いは元々その素養の有る輩が、
類は友を呼ぶで朝鮮タレントに群がるのかな。

比国で避寒④


アンヘレス滞在中に何回か通ったローカル食堂。
店主は長らく日本にいたので日本語も堪能。

日本式商売を知ってるので従業員教育もしっかりしてて、
店は清潔だし安いし量もあってしかも美味い。

その店主に「アナタはいつもキレイに食べるね」と言われた。
母親から食べ物を残さない様に躾けられたと答えると、
「フィリピン人は残すのよねぇ…」とため息。


確かにフィリピン人は平気で食べ物を残す。
リゾート地でBBQしてる連中が帰った後には、
ソーセージや焼き魚がそのまま捨てられている。

ピーナをレストランに連れて行くとあれこれ注文し、
ちょっとずつ食べて殆どを残してしまう。
(彼女らにはファストフードのテイクアウトが相応しい)

BBQ連中も外国人とレストランに来るピーナも、
共通しているのは自分のカネじゃないと言うこと。
ピーナは連れが払うから食べきれないほど注文する。

BBQ連中は身内が外国人と結婚したか、
或いは海外出稼ぎ者からまとまったカネが入ったから、
ここぞとばかりに食べ物を買いまくって平気で残す。

食べ物を残す事がステイタスと思い込んでいる。
フィリピンでは貧乏から小金を持った奴らが、
急に自分が偉くなったと勘違いしてタチが悪い。

比国で避寒③


ネタを拾うため夜の歓楽街を探索した帰り道。
宿まで200m手前で急に目眩がして呼吸も苦しくなる。

立ってるのもやっとだったが休み休み歩き、
なんとか部屋にたどり着くと本能的にボトルを手にし、
1リットルの水を一気飲み。

さらに500ccを追加で飲んでやっと落ち着く。
どうやら脱水症だったみたいだが、
初めてだったので突然の発症にかなり焦った。

所ジョージも農作業中に倒れるまでわからなかったと言う。
私のケースでは指先が痺れ唾も飲み込めなくなっていた。

あのまま倒れていたら財布だけ盗まれて、
路上に放置されて命も危なかったな。
以後夜でも外出時はこまめに水分補給をした。

比国で避寒②


アンヘレスには大きなスーパーが有り客も多い。
なので平日の午前中を狙って行くのだが、
その日はレジが2ヶ所しか開いておらず朝から行列。

しかもレジの仕事が非常に遅く列がどんどん長くなるが、
他のレジを開ける等の対策を店は一切興じない。

さらにトラブルが発生してレジの子が電話をかけてるのに、
いつまで経っても誰も助けに来ないのでレジは停止状態。
支払いを済ますのに30分も待たされてしまった。

この程度で苛ついていたらフィリピンで暮らす事は出来ない。
なんて偉そうに言ってるが実は私も相当に苛ついてしまった。
今回の滞在中でそのスーパーには二度と行かなかった。


宿の近くの食堂に行くと夕方なのに店内が暗い。
誰もいないのかと思ったが店の片隅に若い女が座り、
下を向いたままずっと携帯をいじっている。

何度か声をかけたが女はこちらを見ようともしない。
すると店の奥から出てきた店主に頭を叩かれていた。
あそこまで非常識だと比人でも苛つくんだな。
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR