大晦日の夕暮れに思う


外を見ると日が暮れてきた。
今年もあと8時間で終わる。
体調不良に苦しんだ1年だった。

我がニッポンも様々な苦しみが続いている。
安倍政権がなんとか持ち堪えているが、
民主党のヤラかした負の財産がズシリと重い。


マスゴミの腐敗ぶりもとどまるところを知らない。
特にTV局の反日媚支那朝鮮マンセーぶりが酷く、
聞いた事もない朝鮮小僧団がレコード大賞新人賞。

悪意しか無いオスプレイ関連の報道もしかり、
いちいち書いていたらキリがないのでやめておく。
地上波なんて犬HKもろとも消滅すれば良いのに。


来年こそ我が体調と日本が健全さを取り戻すよう、
願い込めて明朝は日章旗を掲揚し初日の出を迎える。

皆様にとっても良き1年になりますように。
スポンサーサイト

彩帆島報告①


成田発のデルタ航空は日本から唯一の直行便。
支那人・南朝鮮人も乗ってるのに満席ではない。
機材も小さいというのにサイパンの不人気は深刻だ。

今回も往復のチケット代が6万円超え。
LCCでなくとも成田ー台北が2万円という時代。
すぐ隣のグアムなら半値の3万円で行ける。

さらに支那人が大挙して押し寄せホテルも不足。
結果パックツアーは料金が高くせざるを得ず、
日本人客が減少する一方という悪循環。


安くて量が多いので毎昼食利用してた中華食堂が閉店。
毎日顔を出していたビーチハウスも無くなっていた。
毎年パーティに招待してくれていたダイブショップも廃業。

長らく働いていた日本人も次々に島を出てってしまい、
たった1年でサイパンの様子は大きく変わってしまった。

円安が進み定宿も値上げしたのでなるべく節約しようと、
日本から大量に食料を持ち込みほぼ自炊の生活。
昼間はカネがかからないビーチでのんびり読書。

夜も飲み歩かず部屋でビデオを観て過ごす。
そしてネタを拾うために時々は繁華街を徘徊するが、
聞こえてくるのは支那語か朝鮮語ばかり。

5年前までは日本語しか聞こえてこなかったのになぁ。
日本人で溢れていたお土産屋も客が全然入っていない。
マッサージ屋の客引きも日本人を見つけるととてもしつこい。


全盛期には4軒あったフィリピンパブもたった1軒に。
しかも支那資本の大型カジノホテルの労働者として、
支那人にビザを大量発給したため比人まで廻らず。

パブのピーナはビザが切れて次々に帰国。
最後の1軒も6~7人しか残っていないそうだ。
Pパブ目当てで日本人がサイパンに来てたのは昔話。


サイパン報告は続く予定だが、
明日で今年も終わりなので年またぎになる。

もはや支那の離島?


年末恒例のサイパンに行っていた。
色々と報告したい事があるがまず伝えたいのは、
支那人による侵食が予想以上に悪化していた事実。

支那バブルが弾けさえすれば、
島から支那人は潮が引くように消えるだろうと、
前々からこの日記で主張して来た事を訂正する。

もはやそんな生易しいレベルではない。
逆に支那バブルが弾けたら本土に帰るのを拒み、
相当数の支那人がサイパンにしがみつくであろう。

客室数が500とも言われている巨大カジノホテルも、
何度か工事の中断はあったが8割方出来上がっていて、
来年2月には開業するとまで言われている。

デルタ航空の日本撤退が現実味を帯びて来たし、
そうなれば日本から唯一の直行便も消滅する。
そして島から日本人観光客は消えてしまうかも。

もしかしたら今回が最後のサイパンになるかも。
そんな気持ちで過ごした日々を次回から綴りたい。

モノと痰は溜め込むほど汚い


他人から指摘されて気がついたが私は物欲が薄い。
買い物は生活必需品ばかり衣類はフリマで平気。
Tシャツも5年から10年は使い続けている。

少ない衣類を使い回しで着ているし、
カバンや靴などとにかく物持ちが良い。
キッチン用品など20年以上選手がゴロゴロある。


対照的に病的に物欲が強い知人がいる。
店頭やTV、ネットで見て欲しいと思ったら我慢できない。
金はあるだけ使ってしまい物も大切にしない。

コンビニでペットボトル飲料の景品を見ると全部揃えるが、
そのままレジ袋に入れたまま埃まみれで床に放置。

ハードオフを覗いては「こんな安く買えない!」と、
ビデオデッキやPCを買い集めるが使わず溜め込むだけ。
100万円単位の衝動買いもしたがほったらかし。

「無駄使いをやめろ」と注意しても「無駄じゃない!」と逆ギレ。
斯くして自宅は歩く隙間が無いほどのゴミ屋敷になりつつ有る。
そういう人ってホームレスが似合ってると思う。

誰にも口出しされずに拾ってきたモノを溜め込んで、
ゴミの山に埋もれて気の済むまま悦に入ってれば良いさ。
死んだらゴミと一緒に燃やせば成仏することだろうな。

不幸は招くもの


不幸の星の下に生まれるとはこういう事なのかな。
まるでコントの様な実話を耳にした。


その人物は北海道在住で3日前は新千歳空港にいた。
その人物は一昨日の成田発の便で海外旅行に出る予定だった。
そして年末年始に浮世を忘れるため働き蓄財してきた。

ご存知の通りは当日は大雪で新千歳空港は閉鎖。
しかし成田からの便は予約変更がきかないチケット。
出発は午後なので望みを捨てずに車で南を目指す。

いつもならそんなに時間がかからない函館までの道のり。
しかし吹雪の中、同じ境遇の人達が集まってしまい大渋滞。
やっとの思いで函館空港に着いたが飛行機は満席。

まだ間に合うと翌朝の始発新幹線に望みを託すが満席。
でも次の新幹線でもギリギリ間に合いそうだと安堵。
ところが信号機故障や急病人で何度も立ち往生。

ボロボロになって東京駅にたどり着き、
チェックインには微妙だが出発時間には間に合うかも。
カウンターで交渉だなと決意したら成田エクスプレスも満席。

もうここまで来たらと根性で成田に向かったが、
空港に着いた時には乗るはずの便は遥か上空の彼方。


この経緯だけ見てると可哀想になるかもしれない。
しかしこの人物を助けようと友人知人が協力し、
ネットで情報を収集しては当事者のスマホに転送した。

ところが件の人物は自分は被害者という意識が強すぎて
徒労してくれた人達への感謝の気持ちが全く感じられない。
不幸は思いやりや気配りの欠乏した者に訪れるのかも。

件の人物、過去にも不幸の連鎖を何度も味わってるそうで、
『因果応報』ってのは必ず起きるんだなと実感させられた。

被害者ヅラしたがる人々


毎年書いてる事だが、
私はキリスト教徒ではないのでクリスマスは無関係無関心。
最近クリスマス・ハラスメントなる言葉が出来ているんだな。

若い女に「クリスマスなのに独りか?」と聞く事とかを指すそうだ。
「私は仏教徒ですので」とか言い返してやりゃ良いのに、
「傷ついた!」と大げさに騒いでる連中が名付けたみたいだ。

さらにはこの時期になると街中やお店で流れている、
クリスマス・ソングが苦痛だってんだからワケがわからん。
一過性のモノだしこの期間だけ我慢せいってんだ。

なんか変だよね、最近のニッポンは。
除夜の鐘を騒音だなんてイチャモン以外の何物でも無い。
寺が出来てから後に住み始めたんだったら文句を言うな。

私の仕事もここ数年でクレーマーが激増。
一生喰ってけるだけのカネがあったらすぐにも辞めたいくらい、
仕事先の状況は酷いものだ(現に辞めてく人も少なくない)。

無理やりこじつけてでも自分が被害者面したいのかね。
自分の事しか考えてないヤツが増えたって事なのかな。
権利とワガママを履き違えた自己愛クンたちがさぁ。

国旗国歌は国民の魂


本日は天皇誕生日。
一日本人として当然の事だが、
祝祭日にはベランダに国旗を掲揚する。

しかし至極残念な事に、
近所で我が家以外に国旗を掲げている家庭が見当たらない。

普段は玄関を入った場所に日の丸を設置。
アカヒ新聞勧誘員避けのお守りにもなっている。


10以上の国を訪問したが、
税金から給料を貰っている教育者が、
国旗国歌を否定・侮辱してる国など私は知らない。

日本の国際空港は入国審査場に日の丸を掲げ、
その下をくぐらないと手続きが出来なくすれば良い。
そうすれば支那人朝鮮人観光客は駆除できるのでは。


天皇陛下のご健康と皇室のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

外交官ってその国の顔だろ!?


南朝鮮の大使館職員が各国で悪さしている。
そんな噂や実際の事件を何度も見聞してきた。
『駐チリ韓国外交官の未成年者セクハラ』

南朝鮮で外交官になるには強力なコネが必要だろう。
利権を抱えた一族で甘やかされて育ったバカ息子共が、
南朝鮮代表として世界中に散りばめられているのかもね。

チリ人も大嘘つきでマヌケ顔のアニータを、
英雄視するという軽薄なところがあるので、
チンピラ外交官が図に乗ってしまうんでは?

※アニータはチリのTV番組で「500人の前でストリップさせられた」
(そんな大きな劇場ねーよ!)とか、「日本人のチ◯ポは小指ほど」
(お前のバカ旦那千田だけだよ!)と言いたい放題。



ところで上記の動画を観て思ったがこの朝鮮人外交官、
一族郎党が1億円の生活保護詐欺した河本準一ソックリだな。

やっぱ「そういうこと」なのかなぁ!?

日本土産の決定版!?


オスプレイ事故の事を書こうと思ったが、
マスゴミの偏向報道と翁長の言いがかりが、
あまりに酷すぎて怒りで文章にならない。

というわけで柔らかい話でお茶を濁す。


旅先で怪我をした時の止血にちょうど良いので、
飛行機に乗るとトイレから生理用ナプキンを拝借する。
開封するまで滅菌状態で、しかも使い勝手が良い。

フィリピン滞在中に部屋にお泊りに来たピーナが、
突然始まってしまい手元にあったナプキンをあげたら、
日本製は肌触りがとても良いと驚き感激していた。

彼女が喜ぶ様を見てふと思いついた。
日本からのお土産で喜ばれるかも知れないぞと。
通販なら買うのも恥ずかしくないし次回試してみよう。

近況


帰国して体調を崩したり急な仕事が入ったりで、
バタバタしてて日記の更新が滞ってしまった。
フィリピンネタは大したモノが無かったので前回で終了。


年末年始のTV番組録画用にDVD-Rを買おうと、
仕事の帰りに秋葉原に寄ったが、
店頭のDVDメディアが激減してて驚いた。

特にデータ用は激安のUSBメモリ等に押されて僅かばかり、
地デジ対応とブルーレイがかろうじて並んでいる状況だった。
DVDもVHSの様にいずれは絶滅するのであろうか。


年賀状の準備を始めているが、
嫁を亡くした友人からの喪中ハガキには心が傷んだ。
お子さんはまだ高校生だったはず。

正月や冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし

今年も残り2週間を切った。
気を引き締めて年越しを迎えるとするかな。

トラブル続きだったフィリピン旅④


宿に住み着いている猫に魚肉ソーセージをあげたら、
よほど美味かったのか毎日部屋の前までやってきて、
ミャーミャーと鳴き続けて与えるまで去ろうとしない。

毎日朝晩1回ずつ魚肉ソーセージをあげたが、
ちょっとでも触ろうとすると逃げてしまい、
最後まで手から直接食べようとしなかった。


フィリピンのスーパーはやたらと店員が多いが、
その殆どがお喋りしていて仕事していない。
しかも客の動線などお構い無しで迷惑でしか無い。

補給品を乗せた大きなカートが陳列棚の前に置かれ、
邪魔だったのでどかして商品を選んでいたら、
馬鹿な店員がまた元の場所に戻しやがった。

怒りの形相でその野郎を睨みつけカートを押し返したが、
馬鹿だから全然わかっていなかった。

値段がわからない商品をレジで確認したら、
スキャンしてチェックすれば良さそうなものなのに、
レジを離れてどこかに聞きに行ってしまった。

その店員が戻るまでの間にレジは大行列に。
無人のレジの横で店員たちがお喋りしているが、
4~5人もいるのに誰もレジに入ろうとしない。

まとめ買い以外は宿近くの雑貨屋で買った方が、
割高でも時間の節約と精神衛生上は良いと悟る。

フィリピン報告はあと1回くらい続くと思う。

トラブル続きだったフィリピン旅③


旅先に必ず持っていくモバイルPCが、
フィリピンに着いて3日目で不具合発生。
ネット中に突然のエラーメッセージで自動再起動。

しかしまたエラーメッセージの繰り返し。
こりゃまずい事になったと焦ったが何度目かに起動出来た。
ユーティリティソフトで修復してから再起動を試みる。

そうしたらロゴマークのままでWindowsが起動しない。
「帰る日までシャットダウンしなきゃ良かった」と後悔した。

スマホを持ってないのでPCが使えないとネットが出来ないし、
取材メモや原稿を書くことも出来ない。
暇つぶし用にインストしておいた動画も観られない。

祈る気持ちで強制終了と再起動を繰り返していたら、
何度目かに『リフレッシュ』までたどり着けた。
Windowsが壊れていたみたいだが修復も完了。

ファイル類は残されていたがアプリが消滅し、
ディスクトップのアイコンがほどんど無くなってしまった。
一部はダウンロードしたがOFFICEが使えないのは痛かった。


オマケの動画、10数年前のアンヘレス。
この頃は朝鮮人がいなくて平和な楽園だった。
フィリピンの報告はもうちょっと続く。

トラブル続きだったフィリピン旅②


アンヘレスで10年以上定宿だったホテルが閉鎖され、
今回は新規で別のホテルに泊まってみた。
元定宿と同じ程度の規模で客の8割以上が白人。

プールが小さいのが不満だが住宅街なので静か。
元定宿に比べスタッフ数が圧倒的に少ないが、
みんな複数の役割を兼任していてよく働いている。

元定宿は人件費で経営が圧迫されていたのかもね。


私の部屋の前に共有のテラスがあり、
全室禁煙なため他の宿泊客達がタバコを吸いに来る。
外気を取り入れるため開てた窓をその都度閉める羽目に。

ある日の夜中にテラスで女が大声で携帯電話。
やっと終わったかと思ったら今度は歌い始めた。
流石に頭に来て文句を言ったら白人のジジイが一緒。

その白人が連れ込んだ女みたいだが、
ジジイも黙って見てないで注意しやがれってんだ。


このホテルは予約サイトにも登録しているため、
格安料金に釣られて日本人も時々泊まっている。
しかし宿内は完全な白人社会で戸惑ってるのがわかる。

あるオッサンは一人ぼっちでプールサイドに座っていて、
いつ見てもつまらなそうにずっとしかめっ面だった。

予約サイトのレビューを見ても不満の意見が多い。
「外出から戻っても部屋の掃除がされていなかった」
当たり前だよ自分から掃除を頼まなきゃ。

無断で部屋をいじられるの嫌がる客も少なくない。
何も言われなかったら何もしないのがサービス。
そしてこの手の宿は言えば可能な限り善処してくれる。

フィリピン報告はもう少し続く。

トラブル続きだったフィリピン旅①


ちょっくらフィリピンに行ってたのだが、
帰国したとたんに体調を崩して寝込んでいた。
少し回復したので今回の旅を振り返る。


成田でもマニラでも空港でのセキュリティチェックで、
『サムスンのスマホは持っていませんか?』と訊かれた。
比国の中古携帯屋はサムスン製品であふれていた。

「旦那、安くしますので買ってきませんか?」
と店主が懇願するように売り込んできたが、
「バッテリーが爆発するからタダでも要らない」と断る。


マニラ到着日と翌日の移動日は雨に降られたが、
以後は帰国日まで概ね快晴でジワッと暑い日々。
但し日が沈むと気温が下がり未明は肌寒かった。

米大統領選挙の影響で急な円安進行。
なるべくカネを使わず部屋でおとなしく過ごす事にした。

日本を離れる直前まで激務が続いていたので、
心身ともに疲労困憊で静養に専念することに。
食欲も無く今回の滞在で2kgも痩せてしまった。


マニラからアンヘレスに長距離バスで向かったが、
乗車前にトイレを済ませたのにまた尿意をもよおす。
運悪く渋滞に嵌ってしまいマニラ市内で全然進まない。

通常なら目的地に到着するはずの2時間経っても、
まだ高速にも届いておらず尿意も限界に。
ペットボトルにしようかと覚悟したその時に奇跡が起きた。

車掌が書類を届けるためとあるビルの前でバスが止まる。
その車掌の後を追いかけ一緒に建物に入り、
事情を話してトイレを使わせてもらえた。

安堵の気持ちでトイレから出ると車掌も用事を済ませ、
一緒にバスに戻って出発進行。
その後も渋滞が続いたので本当に危機一髪だった。


アンヘレスでの出来事は明日以降に続く。

タバコが大嫌いだ


いまこれを書いている近くでジジイが咳き込んでいるが、
咳が止まらないのにタバコをやめようとしない。

咳をしながらタバコを吸ってる奴を見ると、
頭がオカシイんじゃないかと本気で思うよ。

プロ野球では未成年選手の喫煙が問題になってるが、
アスリートがタバコを吸うこと自体大間違いだし、
健康管理も出来ない奴が競技で大成するわけない。

昔、某プロレスラーがチェーンスモーカーと知って驚いた。
プロレスは激しい有酸素運動なのに正気かよと。
しかもそのレスラーはジュニアヘビーで動きがウリだった。


タバコの煙は吐気がするほど嫌な臭いだ。
吸いたいやつは密閉された空間で吸ってろ。

地元の駅前に喫煙所が設けられているが、
低いフェンスで囲んだだけなので、
纏まった煙がホームに流れてきて大迷惑。

歩きタバコも殴りたいほど腹が立つが、
喫煙しながらの自転車は蹴り倒したくなる。
そもそもタバコが無くなってしまえば良いんだ。

ハワイではタバコが一箱$10するそうだが、
日本では1本1000円にして欲しいよ。

事実上、日本でも賭博は横行してる


日本でカジノ、別に良いんじゃない!?
好きな連中はマカオや南朝鮮まで出向いて、
日本円を海外で浪費しちゃってるんだから。

それに日本には既に公営ギャンブルが溢れてるんだし、
税金の足しになるんだったらカジノを認可すれば良い。
地下カジノの抑制にもなりそうだしね。

狂産党が「(カジノは日本では)犯罪だ!」と喚いているが、
だったらまず目の前の犯罪、パチンコを何とかしろよ。
しかもパチンコの収益が北朝鮮の軍備になってるんだぜ。

私はギャンブルを一切ヤラないので、
日本にカジノが出来ても生活になんら影響は無い。
勝手にやってくれってのが本音でした。

”反日プロパガンダ大賞”と改名せよ


期待を裏切らず今年もやってくれたよユーキャン。
流行語大賞に堂々と反日をぶち込んで来た。
『日本死ね』なんて言葉、流行ってたか!?

その一方でどうして『二重国籍』がノミネートすらしなかった!?

昨年の『アベ政治を許さない』って世間で耳にした事ないし、
『SEALs』って単なる団体名で言葉ですらないだろうが。
この回答者の懸念が見事に的中しちゃったね。


でもこれで流行語大賞の異常なまでの反日偏向に、
気がついた日本国民も少なく無いことだろう。
問題は浅ましいマスコミと芸能関係者共だよな。

奴らが流行語大賞をありがたがっちゃってさぁ、
てめえらの利権に利用しようとすがるもんだから、
ユーキャンも付け上がってやりたい放題なんだよ。

市井の人が無視すれば一気に廃れるんだから、
流行語大賞など誰も相手にしなければ良い。
来年は消えて無くなってることを切に願うよ。

家庭を持つ事は幸せか?


今日からとうとう12月かぁ。
慌ただしくも日々は過ぎていくなぁ。
そして確実に齢を重ねていくわけだ。


激務も一段落ついて時間が出来たので、
録画しっぱなしだったTV番組の消化を始める。
夏に放映された『ホンマでっかテレビ』で気になる話題が。

40歳を過ぎた独身でも以下の条件を満たしていれば、
既婚者よりも幸福度が高いとの事。
その3つの条件に私は全て当て嵌まっていた。

 自立心が有る
 楽しみを見つける事が出来る
 自分をコントロール出来る



「40歳過ぎで独身は同世代に選ばれなかった証拠」
「但し自分から結婚を避けてた人たちはその限りでない」
と同番組内での解説にも妙に納得してしまった。

「所帯を持って男は初めて一人前だ」と親戚に言われ、
「結婚してて一人前じゃない奴を大勢見てきた」と返し、
閉口させた事が30代の時に有った。


まぁ結婚はしたい人はすれば良いし、
したくなければ世間体なんぞ気にせず独身でいれば良い。

結婚すれば確実に子供が授かる訳では無く、
結婚しなくたって自分の子供を作ることは出来る。
配偶者に先立たれれば孤独死だってあり得る。

「子供は保険だ」とうそぶいてる奴が実在するが、
子供達から見捨てられ孤独な老後が待ってるかも知れず。

結婚や子孫繁栄の呪縛から逃れ、
自分に正直な生き方が一番かもね。
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR