そのタイミングかよ…其の二


昔々、東北の若者が夏季休暇でお江戸に上京して来おった。

若者は都会のおなご達の露出過多な姿に欲情してしまい、
暴発寸前の性欲を治める術を教えてくれろと懇願しおった。

江戸幕府の城下町の、かぶき者が集う猥雑な横丁の路地裏の、
文豪が描かれた紙幣4枚で欲望を処理してくれる格安按摩所に、
気持ちが逸っている若者を送り込みつつ注文を付けた。

―制限時間は30分
―その間、当方は近場の書店で時間を潰す
―迎えに来る前に終了した場合は電信せよ

創業者の出身地に因んだ屋号の書店に到着し、
一冊目に手をかけた瞬間に移動電話が鳴った。

―あ、あのぉ、終わりました…

按摩所から書店まで、
徒歩にて僅か数分の距離也。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR