原告を初体験


今年も今日を含めあと4日。

以前もこの日記でちょっと触れたが、
今年は人生での一大事が立て続けに起こった。

一つは既に報告済みの手術で命拾いした事。
そしてもう一つは生まれて初めて裁判の原告になった事。

民事裁判だったためまずはネットで調べ、
さらに区役所の弁護士無料相談も利用し、
費用を抑えるため自力で裁判を闘う決意をする。

意を決して被告側管轄の簡易裁判所に乗り込んだが、
書類不備でその日は訴訟まで至らなかった。

しかし裁判所の人はとても親切で、
書類の記入方法を懇切丁寧に教えてくれ、
私の住所地を管轄する裁判所でも良い事も知らされた。


改めて東京簡易裁判所に出向くと、
これまたとても丁寧に手続きをサポートしてもらい、
さらに書類の提出窓口もとても親切であった。

訴訟後に追加で書類が必要になったりしたが、
電話とファックスで判りやすく説明してくれた。

裁判は勝訴。
その後の手続がよくわからなかったので訊ねると、
これまた私が理解できるまで教えてくれた。

総てを終えてみると思っていたよりずっと簡単で、
裁判費用も1万円をちょっと超えただけだった。
尤もその分は全額、敗訴した被告が負担するのだが。


裁判は巻き込まれないに越したことは無いが、
当人同士でどうにも解決できない時は、
民事裁判はとても有効的な手段だと実感。

簡易裁判所は意外なほど敷居が低かったのも嬉しい誤算だった。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR