闘わずして護れず


ニュース番組を観ていると、
どれも日本と支那の関係改善を強調している。
本気で言ってるのか!?

知らないのなら無知の極みだし、
知ってて言ってるなら悪質極まりない。

支那共産党ににとっての関係正常化とは、
日本側の無条件降伏と完全服従しか無いのだから。


支那との関係は修復する必要無いだろう。
むしろさらに悪化し支那が悪辣な本性を剥き出しにし、
露骨に日本を侵略する動きを見せて欲しいものだ。

そうなれば大部分の日本人に自衛隊の重要性と、
存在意義が身に沁みて理解できる事だろう。
国を護る自衛官も尊敬され待遇も改善されるだろう。

そして自衛隊ではなく日本軍に昇格されるだろう。


日本人一人一人の国を想う気持ちも高まり、
日教組やNHK、朝日新聞等の媚び支那反日組織も、
日本に居場所が無くなり滅亡に向かうだろう。

尖閣を護り通す強い意志が日本国民に宿り、
竹島奪還に向け、国民の気持ちも一丸になるだろう。
そして日本人に真の愛国心が燃え上がる事だろう。


来年こそ日本にとって良い年でありますように。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR