木の芽時


急に気温が上昇している。
毎年この時期になると思い出す人物がいる。

新卒後最初の勤め先で同じ部署にいた30代独身男。
働きながら夜間大学に通ってることを鼻にかけた、
『自分は頭が良いと思い込んでる馬鹿』の見本みたいな奴。

非常に身勝手でドケチで嘘つきで、
ただでさえ周りの人達が皆こいつに手を焼いていたのに、
桜が咲く頃になると際立って様子がおかしくなる。

被害妄想が酷くなり、しかも攻撃的になり、
些細な事でいきなり激昂するので手に負えなかった。
社会人になるなり『木の芽時』と言う慣用句を実感したものだ。

入社して半年後、支社のひとつが急に忙しくなり、
異例の超短期での人事異動となり職場が変わったが、
『木の芽時男』がこの時期に起こすトラブルは毎年耳に届いていた。

『木の芽時男』は夜間大学卒業後、
「こんな馬鹿ばかりの会社なんていられるか」
と捨て台詞を残して辞めたらしい。

上司に辞表を投げつけたのも木の芽時だった。
その後の噂では東南アジアの某国に行ってしまったとか。
1年中夏なので、もう発作は起きなくなったのかな。

でももしかしたら雨季と乾季の境目で、
日本の木の芽時と同じようになっちゃってたりして…。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR