生きてきた証


タガログポップス評論家のIさんと久々に会食する。

フィリピンの話題で2時間ほど話し込んだが、
Iさんはもうずいぶん長いこと現地に出かけていないと言う。
その理由は「行くと必ず不愉快な思いをするようになった」。

ここ数年でフィリピン人のモラルが下がり、
特にマニラでマナーの低下が顕著だと私とIさん共通の意見。
中産階級の増加がその原因ではと二人で話し合う。


Iさんが通い始めた頃のフィリピンは今より全然不便だったが、
現地の人々が面白可笑しく暮らしていて楽しかったと言う。
まさに何でも有りの国で、ちょっとしたトラブルも笑って許せたとも。

その頃のフィリピンは大多数の貧乏人と極一部の金持ちで成り立ち、
Iさんが接していた現地人はみんなが貧乏。
それゆえに市井には譲り合いや助け合いが溢れていた。

ところがここ数年でフィリピンにも小金持ちが増え、
彼らの適度に裕福な暮らしを目にしてみんな欲が深くなり、
「誰も彼もが金、金、金だよ」と、Iさんは溜め息混じりで語った。

そのIさんだが実は台湾は未到達で、
私の話を聞いて非常に興味を示していた。
機会が有ったら是非ともIさんを台湾に案内したい。


会食もお開きに近づいた頃、Iさんから唐突に問いかけられた。
「今まで雑誌や新聞に掲載された記事って手元にあるの?」

ほぼ総て保管してあるし、原稿も残してあると答えると、
「だったらさぁ、それをネット上で公開したら!?」。

Iさん自身も今まで世に出したタガログポップスの評論を、
自分のサイトを作って順次UPしていこうと計画中だとか。

「自分がこんな仕事をしてきたって証を残したいんだよね」
別れしなIさんから投げ掛けられた一言が、妙に耳に残っている。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR