どうしても疑ってしまう


フィリピンを襲った超大型台風で、
死者が1万人という比国警察の見解。

調査力も情報処理能力も満足に無い組織が、
発災直後の混乱期にどうやって算出した数字だ?

海外からの援助を得るため被害を水増しし、
焼け太りを狙ってるんじゃないかと疑ってしまうよ。

過去の大災害時に海外から届いた救援物資が、
被災地に届かずに横流しされた実例もある。
特にあの国の警察は本当に信用ならないしね。

赤十字が発表した千人強という数字のほうが、
信ぴょう性を感じてならないよ。

被災地が多大な被害を被ってるのは事実だし、
膨大な数の被災者がいることも紛れもない現実。

そんな悲惨な状況すら利権と考えてしまう連中が、
権力者の中にいるのがフィリピンにとって、
自然災害以上の災難なんだよなぁ…。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR