朝鮮総連の犬


自ら監督してた映画の撮影中に、
無謀な演出で役者を死なせ映画が公開中止。

さらに「(亡くなった役者が)勝手な行動を取ったため事故が起きた」と、
鬼畜な発言で遺族を激怒させ多額の賠償金を払う羽目に。

その窮地に「韓流に続く朝流を起こしてくれ」と朝鮮総連幹部に言い寄られ、
借金の肩代わりを条件に作られたのが『パッチギ!』という胸糞悪い作品。

そんな朝鮮総連の犬・井筒和幸が何をほざいてやがるってんだ。
『映画「永遠の0」を痛烈批判した井筒監督』
個人の記憶どころか日本映画史から消したいのはお前の『パッチギ!』じゃい!

「一作目がヒットしたからと2や3を作るのは下品」と言ってたくせに、
『パッチギ!』の続編を作った恥知らずはどこのどいつじゃい!!

「学校で生徒に見せるべき」と『パッチギ!』を絶賛した伊集院静こと趙忠來。
"慰安婦詐欺"の片棒を担ぎつつ『永遠の0』を批判する老いぼれ宮﨑駿。
お前らも井筒と同類だっ!!
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR