マナーもルールも知らない乗客


体調は最悪だったが、
かなり前から予定していたのでサイパンに行っていた。

滞在中に熱帯性低気圧が発生。
さらに台風に発達したため天候は芳しくなく、
せっかくの南国なのにあまりお陽様は拝めなかった。


今回のサイパン旅を順を追って書き綴ろうと思ったが、
まず最初に帰国便の機内での出来事に触れることにする。

機体は着陸後しばらくタクシングしてから一旦停止。
途端に小娘がトイレに駆け込もうとしてスッチーから止められる。

そりゃそうだ。
再び動き出した時に転倒されたら責任問題だし、
第一、米国の航空法で地上走行中は着席が義務付けられている。

しかしその小娘はCAの説明が理解できないらしく、
CAに聞こえるように大声でギャーギャーと誹謗中傷を始めた。

-漏れそうなんだからトイレくらい使わせてくれても良いだろ
-あのCAムカつく。態度も悪いし。
-髪もまとめてないし感じ悪いわねぇ!

聞きたくないのに聞こえてくる悪態はさらに続いたが、
どうやら小娘はタダだと思ってビールを飲み過ぎ、
しかもお喋りに夢中で着陸までトイレに行かなかったみたいだ。

飛行機は着陸態勢に入ったら席を立てなくなるので、
すぐに行きたくなくとも余裕を持ってトイレを済ますのが常識。
ましてやビールの飲み過ぎなど自己責任もいいところ。

なのに乗客の安全を守るため規則に従ってるCAに、
逆恨みの八つ当たりとは甚だみっともない。
私が会社の人事担当者だったら絶対に採用したくないタイプだ。


ついでに言うが米系航空会社は日系と違い、
CAの身だしなみ髪型も含め規則の自由度が高く、
マネキンの様に統一されている日系のCAより親しみを感じる。

さらに米系のCAは歩合制なので乗務回数で賃金が決まり、
一見華やかな職場に見えるが重労働の割に驚くほど給料が安い。
それでいてあんな小娘に言いがかりを付けられ本当に気の毒だ。

グアム・サイパン便はパックツアー客が圧倒的に多いため、
年に1度、或いは初海外と飛行機馴れしてない乗客が、
異常なまでにテンションが上がってしまい困ったちゃんが多い。


着陸してからの走行が長すぎるとも小娘はわめいていたが、
757は短い滑走路に着陸するのでターミナルから遠く、
20分近いタクシングも珍しくない。

その後その小娘はバチが当たったのか、
到着ゲートが他の機材でふさがっていてしばし立ち往生。

さらに安全のため自力走行から牽引車による移動に切り替えられ、
結局ランディングから到着まで30分もかかった。

またサイパンに行く機会が有ったら、
次回は早めにトイレを済ませておくか、
あるいはオムツを履いて乗りなさいね。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR