支那人に侵食された観光の島


昨年末に訪れてるのでサイパンは2ヶ月ぶり。
しかしこの短期間でさらに支那人が増えた印象。
春節休みは終わったというのに街も免税店も支那人だらけ。

到着時に空港の外に出ると客の出迎え連中が手にしている、
ネームプレートが朝鮮文字だらけで非常に不愉快だったが、
そんな朝鮮人達も支那人の多さに圧倒され小さくなっている。


在住邦人も支那人問題に頭を痛めていた。
奴らが押し寄せる事によってホテルの部屋がふさがり、
飛行機は空いてるが部屋がなくて日本人が来られない。

春節期間はパックツアーをやめた旅行会社もあるそうだ。
しかも支那人は食事も含めて既に支那で支払い済みで、
買い物も支那人経営の店に団体バスで乗り込む。

島は支那人で賑わってるようには見えるが、
実は地元にはほとんど金を落としていない。
特に日本人相手の店が大ダメージを被っている。

しかし物事を深読みできないローカル達は、
「これからは支那人だけ相手にしていれば安泰」と勘違い。
今まで島の経済を支えていた日本人を軽視し始めた。

某ホテルなど「日本人客なんてもう要らない」と、
支那人専用にしてしまったというから呆れ果てた。

でも既にチャイナバブルは弾けていて、
6月に何かが起きるとの不気味な予言が台湾で囁かれている。


ガラパンという中心街からちょっと離れると、
街道沿いに支那人相手の店が次々に新規開店している。

DFSも支那人スタッフを大量採用したため入店すると、
「歓迎光臨(いらっしゃいませ)!」と支那語で挨拶される。
スーパーマーケットもうんざりするほど支那人客だらけ。

でも台湾の経済アナリストが懸念しているように、
支那経済が崩壊したら支那人観光客も潮が引くように消えるだろう。
そうなった後で日本人客を蔑ろにしたツケが一気に噴出する。

個人的な希望は元の静かな島に戻って欲しいだけ。
ダイビングとウィンドサーフィンと、
そして島の自然が好きな善男善女だけが訪れれば良い。

ほんの数年前までそうだったんだから。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR