台湾に行ったら日式料理


昨夜テレビ東京で放映された『未来世紀ジパング』にて、
台湾の"日式"レストランの実態が紹介されていた。

『日式』とは『日本式』というよりも『日本ぽい』の意味。
日本料理が台湾で進化してしまった台湾独自の『日本風』。
ラーメンや炒飯、餃子を提供する日本の中華屋みたいなもの。

だから台湾の日式にしかない独自のメニューもあるが、
台湾人はそれが日本料理と思い込んでいる。

天津飯や中華丼が実は日本オリジナルで、
支那には存在しないのと状況が似ている。

番組の冒頭に出てきた台北の日式屋台食堂は、
私も何度か利用したことがあるが安くて美味しい。

友人知人を台湾案内する時に食事は必ず、
「台湾らしいモノを食べに行きましょう」と日式の居酒屋にする。
だって台湾の日式料理は台湾でしか食べられないのだから。

「男しか出来ないから最も男らしい職業はオカマ」という理屈と一緒だ。

※お奨めの日式居酒屋 『五木日式100』…女将が日本語を少し話せる
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR