比国の物価高と消えた朝鮮人


寒い東京を離れフィリピンに行っていたが、
今回の旅では今までで一番金を使わなかった。

日本を発つ直前に腰を痛めたため、
滞在前半は無理せずに養生に専念した事もあるが、
呆れ返るほどの円安で財布の紐も自然と硬くなってしまう。

日本から食料を持ち込んだほどの節約旅だった。

しかもフィリピンの物価が急上昇している。
『フィリピン経済は好調』と無責任な日本のマスコミが伝えてるが、
現地の様子を知らない連中が上っ面の数字のみで判断している。

確かに中産階級は増えたがその分物価が上昇し、
人口の半数以上を占める貧困層の生活はとても苦しくなっている。
その影響でマニラの雰囲気がとても悪くなっている。


約4ヶ月ぶりのアンヘレスも不景気風が吹き荒れていた。
夜の繁華街を歩いている観光客の姿がとても少ない。
バーのドリンクが120ペソじゃ客も寄り付かなくなるわな。

そんな中で唯一値崩れを起こしているのがホテル。
朝鮮人が押し寄せて一時的に景気が良くなった時に、
バタバタとホテルが新築されたが完成した途端にこの不景気。

蛆のように湧いていた朝鮮人もめっきり減った。
有名な朝鮮人のポン引きも姿を消したという。
なぜ朝鮮人が激減したかを聞いてみたが誰もわからないという。

ホテルを開業した時のプロモーション価格のまま、
当初予定していた通常価格に戻せないでいるホテルが続出。
これから倒産するホテルが出てくるだろう。

マニラに戻って在留邦人にその話をしたら、
マニラの歓楽街でも朝鮮人の姿が減っているという。
このままもう二度と戻ってこなけりゃ良いな。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR