毅然とした態度が国を護る


北朝鮮を茶化しサイバー攻撃の標的になったため、
劇場公開で影響が出た映画をGoogleがネットで公開。

「ほかの国の一握りの人間が言論の自由を制限することは許さない」

至極当たり前の対応だと思うがこれが日本だと、
「不快だと思ってる人がいるなら公開すべきじゃない」と、
『私は良い人症候群』を発病してる連中が騒ぐんだろうな。

団塊を中心にそんな輩が少なくないから、
「日本海という表記に傷ついてる人々がいる」などと、
ふざけやがった言い掛かりを南朝鮮から付けられるんだよ。


南朝鮮と言えば産経新聞支局長を不当に拉致した上に、
東京裁判に匹敵する理不尽な判決がくだされるかも知れない。

でもこれで南朝鮮は法治国家でない事実を世界に晒すわけで、
自国産の自動車や家電と共に国家の信用を失墜させる事は確実。


日本もインドネシアを見習って、
支那の盗賊軍団に荒らされてる海域で、
自衛隊が演習をして泥棒船団をガンガン沈めちゃえっての!
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR