日本では高級食材が


台湾一人旅の味方『自助飯』。
ビュッフェスタイルでおかずを選び、
その量や数で料金が決まる食堂。

安い上に色んな物が食べられるし、
お弁当にして持ち帰ることも出来る。
なので台湾滞在中は自助飯率がとても高い。

礁渓の自助飯で魚の煮付けと思って選んだ一品。
一口食べてその味その食感に「あれっ!?」。
それは紛れもなくウナギそのもの。

写真の弁当でご飯の上に乗ってるのがソレで、
後で在住邦人に聞いたら台湾ウナギという種類。
小骨が多いけど調理次第で日本のウナギに引けを取らない。

RIMG0582.jpg

ウナギの他に野菜炒めに春雨と漬け物を加え、
写真の弁当は55元、日本円で約200円。
台湾に住みたくなるよね。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR