不思議な女


台北を訪れる度に必ず参拝する廟があり、
毎年必ず光明燈を奉納している。

境内の一角にある受付で手続きをしているとき、
その机の上に置かれていた参拝客用の飴を、
突然後ろから現れた女があさりだした。

最初ベンチコートかと思ったがよく見ると毛布を纏い、
その目は虚ろで生気を感じられなかった。

寒いのに素足にサンダル履きのその女は、
その後も廟に留まり何度も飴を漁っていた。

廟の関係者は誰も彼女を咎めず、
さりとて気にとめる様子もなく、
その女はいつまでも廟の中を徘徊していた。

何よりも気になったのはその女は見た目まだ20代。
彼女はホームレスなのだろうか。
結局なにもわからないまま廟を後にした。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR