フィリピンに行っていた③


フィリピン滞在中に一度体調を崩す。
朝から食欲が無くベッドから動けなかった。

しかし辛い時こそ食べないと回復しない事を、
経験則で知ってるので無理して食べる。

旅行会社を経営する知人から頼まれ、
添乗員見習いの青年をフィリピンに案内したことがある。

その青年は食が細いのでちょっと心配であったが、
案の定心身ともにもたなくてほどなくツアコンを辞めてしまった。
無理しても食べたお陰でなんとか動けるまで回復した。


旅先に必ず携帯するウェストポーチには、
使わないに越したこと無いキットを用心のため入れてるが、
今回の旅でその中の一つを初めて使用した。

体調不良なのに無理して食べたせいかお腹を下してしまい、
長時間のバス移動がとても不安な状態になってしまったが、
次の予定が決まっていたので移動日の日程は変えられない。

台湾のバスならトイレ完備で飲料水も無料だが、
フィリピンのバスはトイレなんて無いし、
渋滞に嵌ってしまったら絶望的な状況に追い込まれる。

小用であればペットボトルという逃げ道もあるが、
大きな方は車内でビニール袋ってわけにもいかない。
そんな時のために常に紙おむつを持って旅をしていた。

今回使ってみてわかったがオムツをつけていると、
精神的余裕が限界値を飛躍的に高めるみたいだ。
便意はあるものの苦しく感じることは全く無かった。

一番怖いのは「オナラかと思ったらウ○チだった」だが、
もしそうなってもオムツを付けていれば匂いすら気づかれない。
幸い今回は目的地まで何事もなく到達することが出来た。

転ばぬ先の杖とは良く言ったものだ。
さて、また新しいオムツを買って補填しなくちゃ。

<まだ続く、と思う>
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR