フィリピンに行っていた④


サイパンで知り合ったフィリピーナの実家が、
アンヘレスの宿の近所だという話を以前書いた。
実際に彼女の家族に連絡をし昼食に招待された。

彼女の姉が大歓迎してくれて、
食事をしながら2時間くらいのお喋りをした。
そして妹への届け物等のお願いは特にされなかった。

実家を訪れた事をサイパンのピーナに報告したら、
その姉をサイパンに呼び寄せたいと言い出し、
「アタシと同じホテルで働けるよう手を貸して」。

やはり打算あっての親切だったか(苦笑)。


馴染みのバーに顔を出すと、
その店で働いてるピーナの幼子が死んだと聞かされた。
その子を預けていた実家の井戸に落ちたそうだ。

幾らでも良いから香典を出してとママから懇願され、
その日の夕食代だった200ペソをカンパ。
ママは私の名前と金額をノートに記していた。

そのノートを見ると店で働くピーナ達の名前も有ったが、
20ペソとか50ペソと金額が低い。
誰もがその日の生活で手一杯なんだろうな。

部屋に戻って買い置きしてあったバナナを食べて、
その日の夕食は終了。


別の馴染みのバーに行くと、
いつも陽気に酔っぱらってるオーナーの顔が険しい。
ウェイトレスに聞いたら名物パパさんが急逝。

元米軍人で日本に6年間駐留し、
少し日本語が話せる親日家だった。
歳を聞いたら61歳、老けて見えたが案外若かった。

死因は“Heart Attack(心臓麻痺)”。
但し比国ではろくに検死もせずに心臓が止まれば心臓麻痺。
なんで心臓が止まったかの原因は追及しない。


1日1日、面白可笑しく、そして大切に生きないとな。

<もうちょっと続く かも>
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR