台湾に行っていた⑦


台湾最終日は帰国便が夕方に出発で、
しかも松山空港なので時間に充分な余裕がある。
でもどの国に行っても帰国直前は静かに過ごす。

今回の旅は珍しくキャスターバッグを使用。
台北在住者に日本からの届け物が有ったためで、
せっかくなのでカバンいっぱいに買い物をした。

缶詰・瓶詰やインスタント食品の詰まった重い鞄を引き、
昼過ぎに台北の雑誌社にお邪魔してしばし談笑をする。
そして早めに空港に移動しチェックインまで待機。

松山空港は狭いが使い勝手が良くWifiも無料。
両替所や携帯のSIM販売・課金も簡単で便利。
台湾出入国以外にも滞在中の利用価値は高い。


台湾を訪れる前まで不良だった体調も、
礁渓温泉での湯治で少しずつ改善、のはずだった。
しかし帰国日になった途端にまた調子が悪くなる。

心も身体も帰国を拒んでいるのだろう。
しかし喰うため生きるため、そしてまた台湾に来るため、
日本に戻ってコツコツと働かねばならぬ。


台湾にいる間は概ねリラックスして過ごせた。
(台北の地下鉄車内で朝鮮語を耳にした時以外は)
良い気分のまま定時より少し遅れて便は着陸。

羽田空港は帰国便の集中時間で混雑していて、
荷物がなかなか出て来ず税関でも待たされる。
帰りの車内でもマナーの悪い奴が多すぎ。

自宅までの歩道も歩き煙草や並列自転車等、
不愉快な事が続いて帰国した途端にイライラ病が再発。

次回台湾は来年の年明けの予定だが、
禁断症状が出たらフラリと台湾に戻ってしまうかも。
往復2万円前後とは『現実逃避』も手軽で安くなったもんだ。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR