ちょっと一息


安保法案や難民問題等で書きたい事があるが、
またも体調不良で考えがまとまらず筆が進まない。
そんな時は映像を観ながらボ~ッとするに限る。


フィリピンパブやフィリピーナ嵌まりの間で、
長らく『幻』と呼ばれていたドラマがある。

大宅壮一ノンフィクション賞受賞作品、
久田恵著『フィリッピーナを愛した男たち』の実写版。

評判が高かったにも関わらずビデオ化されておらず、
誰か録画してなかったかと必死に探す人が大勢いる。

その『フィリッピーナを愛した男たち』の完全版が、
なんとYoutubeにUPされているのを発見した。
しかも製作者本人による高画質バージョンで。

DVD化して通販すればそこそこ売れただろうに、
なんと太っ腹な英断であろうか。
監督の水島氏は実際に太鼓腹である。


マニラのケーブルTVで日本語放送をしていた、
『WINSチャンネル』でも繰り返し放映されていたが、
女の裸が出るため冒頭の5分間がカットされていた。

その削られた部分がストーリー上とても重要で、
主人公が何故あそこまでフィリピーナに固執するのか、
あのシーンが無いとその理由がわからなくなってしまう。


原作は複数のニッポン親父達の実話が混在しているが、
ドラマはすべてを一人の男のエピソードに纏めてしまったため、
少しストーリーに無理があるが深く考えないで観て欲しい。

さて、今夜は早く寝て明日からの激務に備えるかな。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR