古き良き時代の話


昔、成田からマニラに格安で行くのに、
パキスタン航空という選択肢があった。
サーチャージなる悪習の無い時代で往復4万円弱だった。

但し金曜と火曜の週2便しか飛んでいなかったが、
そのパキスタン航空で毎月マニラ通いする好き者がいた。


成田発が夜でマニラ発が早朝なのを利用して、
「営業に行って来ます」と金曜の午後に会社を抜け出す。

日暮里駅のコインロッカーに予め入れて置いた荷物を取り、
代わりに仕事で使うカバンを放り込んで成田を目指す。

金曜の深夜にマニラに着くと安宿にチェックイン。
部屋に荷物を置くと着替えもせずに街に飛び出し、
その宿から徒歩で行ける歓楽街に突撃する。


当時のフィリピンはネットカフェはほとんど見かけず、
携帯もかなりの高額で簡単には購入出来なかったため、
その男は月曜の朝に近場の大きなホテルに出かけた。

外国人が多く利用するホテルに設置されていた、
国際電話が可能な公衆電話で会社に電話をし、
体調不良と嘘をつき有給扱いにしてもらう。

ナンバーディスプレイが無かった時代が幸いし、
男は月曜日の深夜までマニラを満喫する。
そして火曜日の便で昼過ぎに成田に到着。


日暮里のコインロッカーに旅行かばんをしまい、
金曜日に預けたカバンを手に会社に向かい、
「営業で回ってました」と言い訳して午後に出社。

日本もフィリピンも今より大らかな時代だったな。
マニラの歓楽街に朝鮮人の姿も無かったしなぁ。

尚、その好き者はズル休みを繰り返していた会社を辞め、
現在消息不明とのこと。


余談だがパキスタン航空の航空会社コードはPIA。
“Perhaps I Arrive”
「おそらく私は(目的地に)到着できるだろう」と揶揄されていた。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR