台湾総統選


「今回の選挙は静かだ。盛り上がりも少ない」
長らく台北に在住している邦人から聞かされた。
「結果が見えてるからね」

国民党候補は市長職に留まったままでの立候補。
つまり初めから落選を見越していたと言うのだ。

私個人としては蔡英文さんが暗殺されないかと、
危惧していたが何事も起きずに済んで本当に良かった。


投票日の数日前に台北の街中を歩いていて、
偶然に立法院の民進党候補選挙事務所の前を通る。

私は日本人だが蔡さんを応援してると伝えると、
事務所の運動員からボールペンとお箸を頂いた。


支那人観光客の激増が台湾経済に恩恵をもたらしてると、
日本のマスゴミ共がいい加減な情報を流しているが、
現地で耳目したのは全く正反対の現状だった。

支那人達はホテル代と食事代を既に支那で支払っていて、
買い物も支那系のお店を連れ回されているので、
台湾の民間レベルでの売り上げはさほど伸びていない。

人気の観光列車は支那系の旅行代理店に席を押さえられ、
台湾人や他の外国人が乗ろうとしてもチケットが取れない。

大人数で観光地に押し寄せ傍若無人の限りを尽くすので、
日本人を筆頭に今まで観光地を支えていた人々が激減。
支那人が来なくなった時にどうなるかと不安も広がっている。


支那との経済関係も国民党とずぶずぶの企業のみ儲かり、
それ以外の企業はむしろ不景気に陥っている。
馬鹿英九が台湾総統になって良い事は殆ど無かった。

やっと政権交代になったと浮かれムードだが、
馬鹿英九の任期は5月まで残っている。
支那の犬・馬鹿英九の事だから何かヤラかすだろう。

既に支那人の台湾移住を急速に推進している。
私利私欲のためならどんな汚い手でも使う漢族。
その漢族が牛耳る国民党が5月まで台湾の政権を握っている。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR