比国で避寒①


ちょうど大寒波が迫るタイミングで日本を発ち、
雪で覆われた日本を横目にフィリピンで避寒していた。

今回もアンヘレスに長期滞在していたが、
雨はほとんど降らずに天候に恵まれた。

アンヘレス初日に早速夜の繁華街を探索してみるが、
一時期激減していた朝鮮人がまた増えている。
その代わり白人の姿は全く眼にしなかった。


昨年12月12日付の日記で触れた洗濯屋の親父。
さらにやつれて足取りもフラついている。
客と応対する時も笑顔が消えてしまった。

日本だったらとっくに入院してる状態だ。
入院するカネがないので働いているのだろうが、
結果的に寝たきりにならずに済んでると思う。

日本では入院した途端に容体が悪化して、
そのまま帰らぬ人となるケースが少なくない。

洗濯屋の親父は自宅で息を引き取る気がする。
もしその直前まで働いていたのならば、
尊厳ある人生だったのではと思える。

次回訪比時に親父の大好物のチョコレートを持って、
いの一番に洗濯屋を訪ねてみよう。
案外しぶとく生きてる気もするし、そうなる事を望む。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR