フィリピンでリハビリ生活①


リハビリを兼ねてフィリピンに行っていたが、
帰国した途端に風邪をこじらせ寝込んでしまった。

フィリピンは快晴続きで気温も高く、
昼間はジッとしてても汗が出てくる陽気。

滞在先に簡素ながらジムがあるので毎日軽く筋トレ。
その直後にプールで泳いで身体をほぐしていた。

フィリピン滞在中の出来事を数回に分けて書き綴る。


アンヘレスの中心街は朝鮮人客が激減し、
朝鮮人に嫌気が差した他の国々の人々も近寄らず、
夜になっても路上は呼び込みばかりで客足が乏しい。

朝鮮人が押し寄せ始めてから建設を始めたホテルが、
完成した頃には朝鮮バブルが弾け客が来ない。
しかも突貫工事だったため専門家が見ると問題ありとか。

「どう見ても構造がおかしい。怖くて建物の中に入れない」と、
日本人建築士が恐れるホテルも存在している。
建築基準法なんてあっても賄賂でどうにでもなる国だからな。


アンヘレスで二言三言交わした日本人のオッサン。
薄汚れた身なりで、しかも歯の汚なさがとても気になった。
あんなこ汚いオッサンに抱かれるとは娼婦家業も大変だ。

ものすごく口が臭い客から言い寄られ断っていたが、
その口臭男のタイプだったらしく破格のチップを提示され、
しかもショートで良いとの条件に承諾したバーガール。

「その最中だけ顔を背け息を止めてれば良い」
と覚悟を決めたが、
「1分かからずに終わっちゃった」と笑っていた。

その瞬速口臭男は彼女のバーで語り草となった。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR