旅先で出会った気になる女


整った顔立ちをしたなかなかの美人なのに加え、
日本人ぽくない着こなしが映えるプロポーション。
そして日本語のイントネーションから日系人かと思った。

某国で知り合った現地で働く20代の日本人。
彼女が放つ強い負のオーラに圧倒された。
強烈なマイノリティー感と言った方が当てはまるかも。

その地のローカル達と同じで表面上はとても明るく、
初対面でもフレンドリーに接してくるが眼が笑ってない。
後に彼女の生い立ちを在住邦人から聞かされ納得。


彼女は子供の頃に親に連れられてその国に移住し、
そのまま今日までその地で暮らし続けている。
なので彼女の中での日本は子供の時で止まっている。

昨今の日本の話題にはついていけない彼女は、
自分が日本人という意識は薄いのかもしれない。
その事が彼女との距離感の原因になっている気がする。

その地での暮らしにどっぷり浸かり過ぎたため、
いまさら日本に戻っても順応は難しいとの自覚はある。
かといってローカルでも無い中途半端な立場。

その精神的な不安定さが負のオーラの源泉なのかも。
今でも彼の地で彼女は暮らし続けているのだろうが、
働いていた店が潰れてしまったため消息は不明。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR