我がサンクチュアリの危機


海外のよく行く場所には必ず定宿がある。
その宿に泊まることが目的の場所もある。
フィリピンのアンヘレスがそうだったりする。

そのアンヘレスの定宿が存続の危機に瀕している。
地代の値上げで経営者が契約更新を断念。
次のオーナーが見つからなければホテルは閉鎖。

建物が古いので解体される可能性も少なくない。
気がついたら15年以上も利用している思い出深い宿が、
こんな形で無くなってしまうのは辛すぎる。

それというのもアンヘレスに一気に押し寄せてきて、
ホテルや店舗を造りまくって土地バブルを招いた、
あの憎き南朝鮮人民共が諸悪の根源だ。

アイツラが群がってきた観光地はろくな事にならない。
さらに比国新大統領が風俗産業を締め付けるとの噂に、
これ以上経営を続けてもマイナスと判断されたのだろう。

日本で溜まりに溜まったストレスを治癒するのに、
最適の環境なのに無くなってしまったら非常に困る。
一発大逆転で経営存続になってくれと八百万の神々に祈る。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR