実態は米国の新聞ではない


米大統領選候補者の公開討論を伝える産経新聞。
現地メディアとして引き合いに出したのは、
ワシントン・ポストとロサンゼルス・タイムズ。

犬HKも民放も大好きなニューヨーク・タイムズでなない。
それもそのはずNYTは発行部数たった100万部の、
米国の一地方新聞に過ぎないから当たり前だ。

では何故にTVマスコミはNYTをありがたがるのか?
NYTは支那系企業のスポンサーに支えられていて、
支那共産党のプロパガンダ紙と化してるからだろう。

その論調は当然ながら反日志向が強く、
支那・朝鮮マンセーの日本マスゴミにとってNYTは
物事を上っ面でしか観てない視聴者を騙すのに都合が良い。

まんまと騙される方も悪いんだけど、
そんな愚者達も選挙権を持ってるのが問題なんだよな。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR