追悼 日比野宏さん


日比野宏さんは数年をかけて完璧に断捨離を敢行した。
身の回りの品はトランク2コで1コはカメラ機材。
家も捨て沖縄と都内のゲストハウスを行ったり来たり。

その都内のゲストハウスで胸の痛みを訴え、
自分で呼んだ救急車の中で容体が急変。
暦がちょうど1巡した60歳で人生を全うした。


バックパッカーブームの時に上梓された日比野さんの代表作。
『バハラナ』と『マガンダ』のフィリピン2部作が、
私もトラベルライターになりたいと思わせた切っ掛けだ。

他人に貸したまま2冊とも戻ってこなかったが、
つい最近ブックオフで見つけて10年ぶりくらいに再読。

日比野さんが1年以上の年月をかけて比国を放浪していた、
ちょうど時を同じくして私も海外に出ていた事を知った。
その辺の話をじっくりと語り合いたかったなぁ。


ラブホテル評論家のビタミン三浦さん。
サンケイスポーツ風俗面の名物編集長。
そして日比野宏さんと物書きとしての師が次々と他界。

大久保の旧百人町屋台村でメコンウィスキーを酌み交わし、
フィリピンの旅話で盛り上がったのはいつの事だったかなぁ。
日比野さんの分も私はこの先も旅を続けますよ。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR