アンチトランプに支那の影


ひとりの米国人から聞いた話だと、
先の米大統領選は偏向報道が酷かったとの事。
マスコミが一丸となってトランプのネガティブキャンペーン。

ところが実際は庶民の間ではトランプ支持率が高く、
投票前から結果はわかっていたとすら語っていた。

米マスコミもチャイナマネーの影響を大きく受け、
(特にニューヨーク・タイムズは支那共産党の御用新聞)
ヒラリーは支那系企業から莫大な政治資金を得ている。

トランプの過去の事をやたらと攻撃してたのが気になったし、
20年前の失言まで引っ張り出すのはやり過ぎと感じていた。
トランプを阻止するためなりふり構わず必死だったな。


アンジェリーナ・ジョリーの反日捏造映画でわかるように
ハリウッドも支那資本に牛耳られつつある。
メリル・ストリープのトランプ攻撃も赤の臭いがプンプンする。

トランプが障害を持つ記者を侮辱したという疑惑に、
「私は心を痛めた」なんてコメントは偽善に満ちてて鼻につく。
「私はこんなに良い人なのよ」のアピールに聞こえて仕方ない。

まだトランプ政権は始まってもいない。
支那共産党に本当に立ち向かうのか。
それとも蓋を開けたら腰砕けになってしまうのか。

一日本人としては傍観してるしかないけどね。
スポンサーサイト
プロフィール

らんたけし

Author:らんたけし
 
批判、賛同、苦情、励しはコチラまで。
rantakeshi@hotmail.com

旧『ご乱心日記』
http://www.geocities.jp/haruasia/randa/ran001.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR